http://www.seiwa-pb.co.jp/htmlmail/75.html
星和書店
今月の新刊 next

もういちど自分らしさに出会うための10日間

もういちど自分らしさに出会うための10日間

自尊感情をとりもどすためのプログラム

デビッド D.バーンズ 著
野村総一郎、中島美鈴 監修・監訳  林 建郎 訳
A5判 並製 464頁 ISBN978-4-7911-0703-2〔2009〕
定価 2,625 円(本体2,500円)

「いやな気分よ、さようなら」の著者バーンズ博士によるわかりやすい認知行動療法の練習帳。10日間の日常練習を行うことで、心の様々な問題を解決し、自信も得られるようにデザインされている。

統合失調症から回復するコツ

もういちど自分らしさに出会うための10日間
リーダーズマニュアル

セラピストのための教本

デビッド D.バーンズ 著
野村総一郎、中島美鈴 監修・監訳  林 建郎 訳
A5判 並製 368頁 ISBN978-4-7911-0704-9〔2009〕
定価 3,675 円(本体3,500円)

「もういちど自分らしさに出会うための10日間」のプログラムを集団で行うセラピストのために書かれたマニュアルである。集団認知行動療法の経験の浅い治療者でも本書があれば上手に実践できる。

抗うつ薬の選び方と用い方 その実際

抗うつ薬の選び方と用い方 その実際

最初に選ぶべきは、どの抗うつ薬か。

森下 茂 著
四六判 並製 152頁
ISBN978-4-7911-0705-6〔2009〕
定価 2,520 円(本体2,400円)

多様化するうつ病に対し、次々と開発導入される抗うつ薬。どのような患者に、どの抗うつ薬を使用すればよいのか?著者の研究成果と豊富なデータに基づいた臨床精神医学の実技書。

↑トップへ
  雑誌の最新号 next

精神科治療学
定価 3,024
月刊 精神科治療学 第24巻4号

特集: 入院の診立て・判断 II

患者をどの段階で入院させるのか、あるいは入院を断った方がよいのか、判断に迷うことは少なくない。本特集では、臨床場面でよく遭遇する入院問題について、法的側面や、患者動向の変化をふまえ、入院の適応病態、非適応病態、入院が害となる場合など判断となる共通点を探る。入院の促し方、説得の工夫など、病院施設別、疾患別に、第一線で活躍している医師が執筆。

臨床精神薬理
定価 3,045
月刊 臨床精神薬理 第12巻5号

特集:難治性うつ病をどう克服するか/ 新規抗てんかん薬lamotrigine

難治性うつ病について、診断と評価の問題、中長期治療戦略、ドパミン作動薬の有用性や創薬の可能性、非薬物療法による展望を特集した。また、2008年12月に本邦で上市された抗てんかん薬lamotrigineの特集では、作用機序、成人や小児への有効性、てんかんに伴う精神症状への影響、気分安定薬としての可能性、安全性などを幅広く取り上げた。

季刊 精神科臨床サービス
定価 2,310
季刊 精神科臨床サービス 第9巻2号

特集:本人の「思い」を実現する就労支援

精神障害をもつ人たちの「働きたい!」を実現するために,医療,福祉,労働行政,企業から最新の情報と効果的な援助技術を結集した,就労支援の最前線! 精神障害をもつ人が働くことの意義と考え方,押さえておきたい制度や機関の知識,就労までのプロセスに沿った基本技術,各現場で工夫された「あの手・この手」まで,働くことに対するご本人の多様な思いを支援するためのヒントが満載。

↑トップへ
こころのマガジン
  Publication of this month next

もういちど自分らしさに出会うための10日間
  もういちど自分らしさに出会うための10日間リーダーズマニュアル

もう皆さんご存知のD.バーンズ先生による新刊2冊をお届けします。バーンズ先生が書かれた当社発行の「いやな気分よ、さようなら」は、アメリカで300万部以上売れ、いまだに売れ続けていますが、日本でも今までに初版で8度、第2版で5度の増刷をしているベストセラーで、うつ病のバイブルと言われています。「いやな気分よさようなら」の読書効果について、日本では比較研究はないのですが、アメリカのアラバマ大学のスコギン博士が率いる医師団によって比較研究が10年にわたって行われました。80人の大うつ病性エピソードを発症した80人の患者さんを、無作為に2つのグループに分け、1つのグループには、本書を4週間以内に読むように手渡し、もう一つのグループは、4週間後に本書を手渡して読んでもらうというものでした。この改善結果は(詳細は、「もういちど自分らしさに出会うための10日間」をお読みください)、驚くべきもので、約75%の患者さんがDSMの診断基準に従ってもはやうつ状態にないと診断されました。薬物療法の治療効果に比べると、きわめて迅速にその効果が発揮されました。
こうした研究から、「もういちど自分らしさに出会うための10日間」が生まれてきました。バーンズ先生は、「いやな気分よさようなら」を読むだけで抗うつ作用が期待できるのであるから、体系的な自己治療プログラムはさらに有益であろうと考えて、本書にあるプログラムを開発したということです。本書は、10日間のプログラムということで、10のステップに分かれています。たくさんの練習問題があり、またテストがあります。これを行うことで、読者自身の成長が期待されます。
リーダーズマニュアルは、このプログラムを治療で使うときのセラピストのマニュアルです。英語でleader’s manualとあるので、リーダーズマニュアルとしたのですが、カタカナで書くとreader’s manualと受け取られてしまうことがあると、出版してから気づきました。日本語では、lとrの違いは表現できないんでした。
「もういちど自分らしさに出会うための10日間」の使い方は、4通りあります。1つ目は、抑うつ気分の自己療法としての使い方です。2つ目は、個別治療面接の補助に用いる使い方です。3つ目は、外来クリニック、病院、デイケアなどさまざまな場面で行われる集団認知行動療法プログラムとの併用です。4つ目は学校における予防教育としての使い方です。中学2年以上の生徒に適切な教材となります。否定的思考の傾向をもつ青少年の重度の抑うつ発症予防に役立つと期待されています。
バーンズ先生の新しいご本は、これからも当社から引き続き出版していく予定です。2006年に出版されたWhen Panic Attacks の翻訳が今年の後半に出版予定です。その後は、Intimate Conections, Feeling Good Togetherと続きます。ご期待ください。

抗うつ薬の選び方と用い方 その実際

アメリカでプロザック現象といわれたのは、もう何年前くらいのことだったでしょうか。ビタミン剤のように飲まれているとか、元気の出る薬とか、そういうニュースがアメリカから流れてきて、本もいくつか出版されていました。日本では、まだSSRIという名前もあまり目にしませんでした。
最近では、SSRIを含めてたくさんの抗うつ薬が発売されています。では、どれを使えばいいのか、となると、なかなか難しい問題です。どういう症状に、どういう場合に、どの薬を使えば効果があるのか、ということが、本書の中で検討されています。


考えるように感じるんです

 アーサーフリーマン先生をお呼びして最初のワークショップを開いたのは、日本ではまだ認知療法が知られていない20年以上前のことでした。このワークショップの後、フリーマン先生のご友人のD.バーンズ先生のFeeling Goodを翻訳出版いたしました。タイトルをどうするか、悩みに悩んで「いやな気分よ、さようなら」とつけました。その出版からもう20年たちました。いまだに当社のベストセラーです。そのあとに出版しましたバーンズ先生の「フィーリングGoodハンドブック」も756頁という大きな本ですが、増刷がでてよく売れています。バーンズ先生にも、とても喜んでいただいています。

 今回出版しました「もういちど自分らしさに出会うための10日間」の原題はTen Days to Self-Esteemで、他の出版社から他のタイトルで出版されていました。その本が、全然売れなく、絶版になりました。バーンズ先生から、なぜ星和書店から出ている本は売れて、この本は売れなかったのか、それならこの本も星和書店から出版してほしいという希望が寄せられました。そこで絶版になった本をチェックしていますと、かなり原著と異なっていました。そのため、最初から全く新しく翻訳をし直し、今回の出版に至ったわけです。

 バーンズ先生の本を読んでみて驚いたのは、A Prescription for Procrastinatorsという章があったことです。驚いたというより、何となく懐かしかったんですね、このProcrastinatorという単語が。私が高校生の時、この単語を目にして、なぜかとても気に入って、何度も使っていました。訳本では、「先送りする」という訳になっていますが、私には、その当時から「ぐずぐずして後回しにする」というイメージでした。自分でそのようなことがあると、自分に、don’t procrastinateってはっぱをかけたものでした。

 最近は、物忘れが多いのですが、高校のときに覚えたことは、鮮明に残っているものです。その当時、英文で気に入った文章があると、それをあえて使ってみたりしていました。Cut no iceという言い回しも気に入り、学校での英作文でも、「役に立たない」という日本語が出てくると、It cuts no ice …と書いて、先生にあきれられたりしました。ラフカディオ・ハーンの英文も好きで、どんより曇っているという意味の文章でしょうか The cloud is hanging oppressively low というのがありました。すごくイメージがでて気に入り、曇り空を書くときには、いつもこの文章を使っていました。何度も何度も使っていたからでしょうか、忘れっぽさが目立ってきた最近でも、忘れないでいます。

 当社発行の「メモリードクター」に書いてあるのですが、物忘れは、物を覚えるときの覚え方によってずいぶんと左右されるそうです。人の名前を忘れがちなので、初めてお会いして名刺をいただいて名前を確認すると、そのあとの会話の中で、何度もそのお名前を口にするようにしています。まあ、こうしても、忘れてしまうことが多いんですが。

 話は戻りますが、バーンズ先生は、罪意識や怒りや抑うつ感は、自分に起こった悪い出来事から生じてくるのではなく、その出来事をどう考えるかによって生じてくる、考えているように感じてくる、と教えてくれます。だから考え方を変化させることによって、どう感じるかを変化させることができるというわけです。

 バーンズ先生は言います。Feeling good feels wonderful. You owe it to yourself to feel good. (気分のいいことは、すばらしいですね。気分を良くするのは、あなた自身によるのですよ)

配信停止希望