定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理増刊一覧 > 不眠症の適切な治療と期待される睡眠薬

臨床精神薬理 第4巻増刊号

不眠症の適切な治療と期待される睡眠薬

2001年5月

不眠症の適切な治療と期待される睡眠薬不眠症の歴史は古く、その治療の歴史も古い。いつの時代も、夜眠れないことの苦しみは大きく、時代の変遷とともに社会構造の複雑化が進み、不眠の苦しみはより深くなっている。不断に不眠に悩む人達は増加の一途をたどり、適切な治療を求めている。
(発刊にあたって)より
北里大学名誉教授 村崎光邦
編集 「臨床精神薬理」編集委員会 B5判 184頁

ISBN:978-4-7911-5042-7



発刊にあたって  村崎光邦
 
第1部 不眠症の適切な治療
 展望

   睡眠薬開発の歴史と展望
村崎光邦
 不眠症の適切な治療
   不眠の疫学的調査から
内村直尚、小鳥居湛
   不眠症の原因をめぐって大熊輝雄
   不眠の病態と社会生活への影響伊藤 洋
   不眠症の自律訓練法の適応中島節夫
   不眠症の薬物療法とその位置づけ井澤志名野
   高齢者における不眠症の治療杉山健志、石郷岡純
 
第2部 睡眠薬の紹介
   睡眠薬の紹介
竹内 尚子
 
第3部 新しい睡眠薬 zolpidem
   Zolpidem ――開発の経緯と薬理プロフィール

Pascal G. George
白川清治
   欧米におけるzolpidemの臨床成績 ――その10年間の概括Lavoisy, J.,
Klausner, J.
(監訳/菅野 道)
   Zolpidemの単回投与における早期効果と残遺効果
    ――Zopiclone,triazolam,nitrazepam
      およびplaceboとの比較試験から
内海光朝
   Zolpidemの臨床的検討   
    ――Zopicloneを対照薬とした二重盲検群間比較試験
筒井末春
 
 新薬紹介 Zolpidemの基礎と臨床村崎 光邦
 
第4部 海外の動向
   睡眠と健康:睡眠障害管理の改善アプローチ

Costa E Silva, J. A.,
中根 允文
(監訳/太田 龍朗)
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
本誌へ投稿を希望される先生方へ

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.