定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物精神科臨床サービスバックナンバー > 第12巻01号

季刊

精神科臨床サービス 第12巻01号

2012年1月

精神科臨床サービス  第12巻01号《今月の特集:生活の視点から薬物療法をとらえなおす:薬にできること・できないこと》
薬物療法のめざましい進歩は精神科臨床サービスに大きな可能性をもたらしていますが,本特集では当事者の「生活」という視点から大胆に切り込み,薬によって実際の生活がどう変わり何が期待できるか,薬では達成が難しい治療目標は何かを明らかにします。その上で,剤型の活用や服薬教室などアドヒアランスを高める工夫,「治療抵抗性」の見極めと対策,心理社会的アプローチとの統合など,さまざまな実効ある技術を伝えます。医療者のみならず,地域生活を支える支援者にも,ぜひ読んでいただきたい薬物療法特集です。

ISBN:978-4-7911-7145-3


アマゾン楽天三省堂紀伊國屋


【特集】 生活の視点から薬物療法をとらえなおす:薬にできること・できないこと 抄録

  • 特集にあたって
    窪田 彰
第1章 総論:日常生活をよりよくしていくことを目指すときに,薬物療法はどのような役割を果たすのか
  • 治療構造全体の中での薬物療法の役割
    西園昌久
  • 薬で「治る」とはどういうことか?:脳科学への期待
    小出隆義,岩本邦弘,尾崎紀夫
第2章 薬物療法で生活はどう変わる?:薬にできること・薬ができないこと
  • 統合失調症:急性期
    三澤史斉
  • 統合失調症:リハビリテーション期
    中込和幸
  • 統合失調症:クロザピンに期待できることとその限界
    中野英樹,中野和歌子,中村 純
  • うつ病:抗うつ薬にできることとできないこと
    田島 治
  • 双極性障害
    鷲塚伸介,加藤忠史
  • 不安障害
    越野好文
  • 認知症における薬物の使い方
    野本宗孝,小田原俊成,平安良雄
第3章 順調でない経過は薬のせい?
  • 薬物療法における「治療抵抗性」をどう捉え,どう支援するか:多職種協働の視点から
    西倉秀哉,岩田和彦
  • 治療がうまくいかないとき,薬物療法をどうとらえ,どう突破口を開くか:医師の立場から
    宮田量治
  • 治療がうまくいかないとき,薬物療法をどうとらえ,どう突破口を開くか:薬剤師の立場から
    齋藤百枝美
  • 治療がうまくいかないとき,薬物療法をどうとらえ,どう突破口を開くか:看護師の立場から
    富沢明美
  • 薬物療法の効果を十分に発揮するために作業療法ができること
    福島佐千恵,河埜康二郎,大西あゆみ,小林正義
  • 治療がうまくいかないとき,薬物療法をどうとらえ,どう突破口を開くか:PSWの立場から
    安西里実
  • 治療がうまくいかないとき,薬物療法をどうとらえ,どう突破口を開くか:臨床心理士の立場から
    齋藤夕季
第4章 薬でコントロールする/薬をコントロールする
  • さまざまな剤型の有用性の比較
    久住一郎,小山 司
  • デポ剤をどう利用するか
    藤井康男
  • 服薬教室の実際
    佐藤珠江
  • 時間の限られた外来診療の中での工夫(アドヒアランス維持,目標共有の重要性)
    趙岳人,岩田仲生
  • 自立支援事業所でどのようなサポートができるか:エピソードをもとに服薬の自己管理の工夫を探る
    八木原律子
  • 住まいでの支援:薬との付き合い方
    田尾有樹子
  • 精神科訪問看護における「薬物療法への支援」
    井上 新
第5章 薬についてのよくある疑問に答える
  • 薬は診断閾値以下の症状にも効くのか?
    大坪天平
  • 薬は中止できるの?(抗精神病薬,抗うつ薬,抗不安薬)
    櫻井 準,中川敦夫
  • 妊娠・授乳中は薬をやめたほうがいい?
    山中 学,貝谷久宣
  • 薬で人格が変えられることはありますか?
    林 直樹
  • 薬についてのよくある誤解をエビデンスで解く:薬にできること・できないこと
    八木剛平
  • 薬は1つひとつの症状に対処するためにある?
    坂元薫,宮坂亜希子
第6章 日々の暮らしと薬
  • 当事者の親としての今
    吉田けい子
  • 当事者の自覚と医師の覚悟
    大澤 悠
  • 生活の中の薬の位置
    宇田川健
連載
  • 精神療法の中で治療者は何をするのか〈第1回〉治療者の役割と患者の役割を明確にする
    成田善弘
  • 精神科臨床サービスでEBP プログラム・EBP ツールキットを活用する〈第4回〉
    IMR プログラムでEBP ツールキットを活用する:実践現場での実施方法,各施設での実施・普及
    加藤大慈,横浜市大精神科リハビリテーション研究チーム

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.