定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 精神科治療学バックナンバー > 第25巻06号

月刊

精神科治療学 第25巻06号

2010年06月

《今月の特集:ADHD臨床の新展開 I》
この10年間に急速に関心が高まったADHDの最新の治療を2号にわたり特集。今号では,ADHD概念の変遷と今後の展望,DSM-5に向けた診断分類の課題,疫学と長期予後,神経生物学,成人ADHDの診断,評価尺度と心理学的検査,過剰診断など,ADHDの診断・アセスメントを取り上げる。続いて,学校精神保健,素行障害・二次障害・気分障害・子ども虐待との関わりに触れ,ADHDの実像に迫る。精神科医療のみならず,教育現場や産業精神保健分野においても役立つ特集。

  • 特集にあたって
    本田秀夫
  • ADHD概念の変遷と今後の展望
    田中康雄
  • ADHDの診断分類の課題―DSM-5に向けて―
    石井礼花、金生由紀子
  • ADHDの疫学と長期予後
    渡部京太
  • ADHDの神経生物学―最新の知見―
    岡田 俊
  • 成人期のADHD診断―その実際と留意点―
    大賀健太郎
  • ADHDの臨床に有用な評価尺度と心理学的検査
    竹林淳和、内山 敏、大西将史
  • ADHDは過剰診断されていないか?
    井上勝夫
  • ADHDの生物学的研究はどこまで進んだか?
    増子博文、丹羽真一
  • ADHDと学校精神保健
    宮本信也
  • ADHDと素行障害
    原田 謙
  • ADHDの二次障害
    齊藤万比古、青木桃子
  • 気分障害と ADHD―双極性(bipolarity)および発達障害のパダライムに注目して―
    宮田善文、加藤 敏
  • ADHD と子ども虐待
    杉山登志郎、山村淳一

研究報告

  • 終末期がん患者の嘔気・嘔吐に対するolanzapineの有効性の検討
    山中幸典、荒木裕登、酒井 崇、他

臨床経験

  • 緑内障発作をうつ病再発と診分けるのが困難であった1例
    齋藤慎之介、吉田勝也、小林聡幸、他
  • 塩酸donepezilとblonanserinの併用により幻視等の精神・行動障害(BPSD)の著明な改善を認めたレビー小体型認知症の一例
    網野賀一郎、片山成仁、飯森眞喜雄
  • 精神科臨床と医療観察法医療に係る一考察―治療課題の多軸的把握と多職種協働をめざして―
    中嶋正人

カレント・トピックス

  • PTSD と裁判
    金 吉晴

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.