定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 精神科治療学最新号

月刊

精神科治療学 第33巻01号最新号

2018年01月

《今月の特集:これだけは知っておきたい統合失調症Ⅰ》
統合失調症の精神病理を解き明かす! 臨床上、最低限知っておきたい統合失調症の精神病理学について、先達の知識を平易に解説し、精神病理学に不慣れな精神科医でも今日の診断・治療に活かすことができる。統合失調症に改めて光を当てるとともに、精神科臨床の醍醐味を味わえる特集。

JANコード:4910156070184



精神科治療学は最寄りの書店様にご注文いただくか、弊社営業部(TEL 03-3329-0031)までお問い合わせください。



■第14回「精神科治療学賞」発表

  • 特集にあたって
    古茶大樹
  • 主体性の精神病理学─“自我障害”から症状論・病態論・治療回復論について考える─
    前田貴記
  • 自閉について
    清水光恵
  • 妄想知覚と真正妄想─その今日的位置づけ─
    岩井圭司
  • 統合失調症に特徴的な幻聴
    柴山雅俊
  • 統合失調症における思考障碍について
    岡 一太郎
  • 精神病後抑うつ
    山科 満
  • 自我漏洩症状と思春期妄想症
    野間俊一
  • 「統合失調症スペクトラム」(DSM-5)について─現代の統合失調症を知る─
    杉原玄一
  • 統合失調症亜型分類の有用性について
    稲川優多,小林聡幸
  • 統合失調症診断におけるSchneider の1 級症状の意義
    針間博彦
  • プレコックス感について
    広沢正孝
  • 統合失調症の初期症状─これまでの研究概念の概観─
    松本和紀
  • 統合失調症の予後と転帰は改善しているのか?
    渡邉博幸
  • 統合失調症は本当に軽症化しているのか?
    田中伸一郎
  • 統合失調症の発病と発症
    工藤弘毅,針間博彦,古茶大樹

総説

  • 統合失調症急性期における電気けいれん療法の有効性
    長沼英俊

臨床経験

連載

〔心に残る症例〕

  • 知識・技術と,関わることと
    玉井康之

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
第33巻2号予告
これだけは知っておきたい統合失調症 ll
第33巻3号予告
オープンダイアローグと精神科臨床
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.