定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 精神科治療学バックナンバー > 第26巻10号

月刊

精神科治療学 第26巻10号

2011年10月

《今月の特集:一般救急における精神科医の役割》
向精神薬の過量服薬による自殺未遂例の増加など、一般(身体)救急場面における精神科医療のさまざまな問題に焦点を当て、身体救急場面に関わる精神科医に役立つ内容をめざした。高次脳機能障害、過量服薬、認知症、アルコール依存、自殺、摂食障害、熱傷、PTSD、脊髄損傷患者への対応、薬物相互作用への配慮など、具体的・実践的特集。

  • 特集にあたって
    宮岡 等
  • 一般救急場面における高次脳機能障害の評価と対応
    加藤 隆,三村 將
  • 過量服薬の現状と対応
    喜瀬貴則,近藤 毅
  • 摂食障害の救急医療と対応―一般救急における精神科医の役割―
    高橋恵理
  • 認知症患者の身体救急における問題点
    粟田主一
  • アルコール依存症患者および多量飲酒者にみられる救急疾患
    久我弘典,杠 岳文
  • 自殺未遂者ケア
    大塚耕太郎,酒井明夫,山家健仁,他
  • 興奮している患者への対応
    日野耕介,山田朋樹,野本宗孝,他
  • 脊髄損傷患者への対応
    岸 泰宏
  • 熱傷患者への精神医学的対応
    川本恭子
  • PTSD 発症の予測と対応―救命救急センターにおける予防に向けて「サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)」の活用を中心に―
    岩井圭司
  • 精神疾患患者でみられる身体救急疾患―悪性症候群,水中毒,肺血栓塞栓症―
    久保田正春
  • せん妄治療における非定型抗精神病薬の意義
    八田耕太郎
  • 身体救急時に注意すべき向精神薬
    青木顕子,石黒 慎,渡邊 崇,他
  • 精神症状への対応と身体救急のシステム―一般救急医・プライマリーケア医はこのように考える―
    小淵岳恒,林 寛之
  • 救命救急センターからみた精神科医療の問題点
    井出文子

研究報告

  • 精神保健スタッフが利他的協力行動によって組織変革をめざした1事例
    上川英樹,田山未和,翁長多代子,他

臨床経験

  • 統合失調症の診断で維持 m-ECT を施行していた抗 NMDA 受容体抗体陽性の1例
    須田秀可,筒井 幸,森 朱音,他
  • 少量の paroxetine 内服直後よりセロトニン症候群を呈した認知症高齢者の1症例
    中山寛人

資料

  • 治療契約ガイドラインを用いて入院治療を行った「故意に自分の健康を害する症候群」29例について
    森山 泰,牛尾 敬,五十嵐登美江

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.