定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 精神科治療学バックナンバー > 第27巻04号

月刊

精神科治療学 第27巻04号

2012年04月

《今月の特集:正常との境界域を診る》
近年、統合失調症、うつ病などが軽症化し、またうつ病概念が拡大している。さらに境界例、ADHD、ひきこもりなどのより軽い病態に治療の焦点が移行しつつある。本特集では他に職場不適応、広汎性発達障害、自閉症スペクトラム障害、解離など正常と病理の境界域を取り上げ、ノーマライゼーションやレジリアンスなど最近のトピックスも取り上げた。今日の精神科臨床に役立つ特集。

  • 特集にあたって―なぜいま「正常との境界域」を取り上げるのか―
    鈴木國文
  • 正常と異常に関する精神医学固有の難しさ
    古茶大樹
  • 大うつ病概念によるうつ病概念の拡大はなぜ起きたのか
    阿部隆明
  • 境界領域としての働く場―適応と不適応―
    白波瀬丈一郎
  • 広汎性発達障害とスペクトラム概念
    内山登紀夫
  • 自閉症スペクトラムの末端にいる人たち
    中塚尚子
  • 文化の中にみる解離現象
    江口重幸
  • 「正常」から「異常」へ越境するimaginary companion
    澤 たか子
  • 医療は「ひきこもり」現象をどう引き受けるのか
    斎藤 環
  • 世界に広がる「ひきこもり」現象
    堀口佐知子
  • 統合失調症のノーマライゼーションとポストモダン―いわゆる輪郭不鮮明型の精神病理についての一試論―
    田中伸一郎
  • 統合失調症治療におけるレジリアンス
    小林聡幸
  • 「普通倒錯」という概念と時代の精神
    古橋忠晃
  • 「普通精神病」の指し示すもの
    小林芳樹

研究報告

  • 認知機能リハビリテーションの実施と有用性について―統合失調症の一例から―
    渡邊由香子,袖山明日香,松田康裕,他

臨床経験

  • セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬とセント・ジョーンズ・ワート含有飲料の併用により精神運動抑制になった1例
    大原由久
  • Mirtazapineにolanzapineの付加・併用療法が奏効した初老期,老年期うつ病の2症例
    今中章弘,高見 浩,箱守英雄,他
  • Fluvoxamineの増量が有効であった自己臭妄想症の一例
    清水義雄

資料

  • 男性自殺既遂者におけるうつ症状の世代別特徴―心理学的剖検を用いた検討―
    勝又陽太郎,松本俊彦,赤澤正人,他

連載

  • 〔知っておきたい症状用語〕
    • 夢幻様体験型
      広沢正孝

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.