定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 臨床精神薬理最新号

月刊

臨床精神薬理 第20巻09号最新号

2017年09月

《今月の特集:向精神薬の多剤規制と減量・離脱の実際
向精神薬の多剤処方の規制と、処方薬減量や減量に伴う離脱の実際を解説! 多剤大量療法や処方薬依存・乱用に対する国の施策や学会の対応を展望にて紹介。特集では、海外と日本の処方動向を比較し、薬剤師から見た精神科薬物療法の現状を解説。抗精神病薬・抗うつ薬・気分安定薬・睡眠薬や抗不安薬の長期投与とその影響を明らかにし、臨床医が知っておきたい減量や離脱のリスクとその対処、減量方法を示した。

ISBN:978-4-7911-5239-1

お知らせ
臨床研究に関する倫理指針違反について

このたび、本誌編集委員会の独自調査により、下記2論文に疑義があるという判断に至りました。

Tenjin T, Miyamoto S, Miyake N, Ogino S, Kitajima R, Ojima K, Arai J, Teramoto H, Tsukahara S, Ito Y, Tadokoro M, Anai K, Funamoto Y, Kaneda Y, Sumiyoshi T, Yamaguchi N : Effect of blonanserin on cognitive function in antipsychotic-naive first-episode schizophrenia. Hum Psychopharmacol, 27 : 90-100, 2012.

Ninomiya Y, Miyamoto S, Tenjin T, Ogino S, Miyake N, Kaneda Y, Sumiyoshi T, Yamaguchi N : Long-term efficacy and safety of blonanserin in patients with first-episode schizophrenia : a 1-year open-label trial. Psychiatry Clin Neurosci, 68 : 841-849, 2014.

本誌編集委員会では事態を重く受け止め、該当論文を引用・言及している本誌掲載の論文について調査し、各著者へ引用箇所についての対応を確認させていただいております。その結果は全て本誌上にてお知らせいたします。

「臨床精神薬理」編集委員会
編集委員長 石郷岡純



アマゾン楽天三省堂紀伊國屋



【展望】
  • 多剤処方の規制とその背景
    松本 俊彦
  • アジアの向精神薬処方動向から見た日本の薬物療法の課題
    新福 尚隆,早川 宏平,Shih-Ku Lin 他
  • 薬剤師から見た精神科薬物療法におけるポリファーマシーとその是正
    吉尾 隆
  • 抗うつ薬慢性投与による神経伝達機能の変化とその臨床的意義
    前田 純,樋口 真人,須原 哲也
  • 抗精神病薬の長期投与がドパミンD2受容体に与える影響とその臨床的意義
    長嶺 敬彦
  • 抗うつ薬の長期投与の影響
    吉良健太郎,後藤 玲央,大串 祐馬 他
  • 抗精神病薬の安全な減量方法と,中止を含むその是非について
    山之内芳雄
  • 抗うつ薬,気分安定薬の離脱に伴う問題と減量中止の方法
    辻 敬一郎,田島 治
  • 睡眠薬や抗不安薬の離脱に伴う問題と安全な減量中止の方法
    普天間国博,井上 雄一
  • <オピニオン>薬物療法に対する批判をどう考えるか
    石郷岡 純
  • <原著論文>多剤大量療法の統合失調症患者におけるSCAP法半量以下での抗精神病薬減薬の試み
    石田 雄介,小松 浩,佐藤 貴子 他

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    恩田 啓伍,渡邉 純蔵,染矢 俊幸
  • 精神科薬物療法pros and cons
    • うつ病における抗不安薬投与の意義と課題
      白川 治
    • うつ病に対する抗不安薬の併用
      原田 康平,川嵜 弘詔

私が歩んだ向精神薬開発の道——秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第74回 新規抗てんかん薬の開発物語──その5:わが国で創製された世界初のAMPA受容体拮抗性抗てんかん薬perampanel
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
本誌へ投稿を希望される先生方へ
第20巻10号予告
高齢者に対する薬物療法・・・・下田和孝
高齢者に対する薬物療法
第20巻11号予告
持効性抗精神病薬治療の現在と未来・・・・鈴木健文
持効性抗精神病薬治療の課題と新たな可能性
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.