定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 臨床精神薬理最新号

月刊

臨床精神薬理 第23巻03号最新号

2020年03月

今月の特集:新規抗精神病薬blonanserinテープ製剤とは
抗精神病薬では世界初の経皮吸収型製剤(テープ剤)ブロナンセリンテープについて解説!!

展望にて、経皮吸収型製剤を安全に使うために必要な、皮膚の構造・皮膚への吸収に関する知識と注意点を概説。特集では、ブロナンセリンテープの薬物動態、臨床試験からみたブロナンセリンテープの位置づけ、薬物治療最適化の観点からみた可能性、テープ剤導入にあたっての医療従事者の役割、Shared Decision Makingの観点から新たな剤形が加わることの意義、などブロナンセリンテープについて詳細に解説した。

ISBN:978-4-7911-5269-8


こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋
【展望】
  • 経皮吸収型製剤が加わることによる薬物療法の進歩
    塩原 哲夫
【特集】新規抗精神病薬blonanserinテープ製剤とは
  • 世界初の抗精神病薬blonanserin tapeがもたらす未来
    村﨑 光邦
  • Blonanserinテープ製剤の薬物動態について
    田﨑みなみ,古郡 規雄,下田 和孝
  • ロナセンテープの統合失調症治療における臨床的位置づけ
    岩田 仲生,籔内 一輝
  • 統合失調症治療におけるblonanserinテープ製剤の可能性──薬物治療最適化の観点から
    伊豫 雅臣
  • Blonanserinテープ剤導入における医療従事者の役割
    竹内 一平,坪井 宗二,藤田 潔
  • 統合失調症治療において新たな剤形である貼付剤が加わることの意義
    渡邊衡一郎

原著論文

  • 統合失調症患者を対象とした経皮吸収型blonanserinテープ製剤の有効性と安全性の検討:多施設共同,無作為化,二重盲検プラセボ対照試験に続く非盲検継続試験
    岩田 仲生,石郷岡 純,渡部 恵 他

原著論文[二次出版]

  • 統合失調症患者を対象とした経皮吸収型blonanserinテープ製剤の有効性と安全性の検討:無作為化割付け6週間二重盲検プラセボ対照多施設共同試験
    岩田 仲生,石郷岡 純,Won-Hyoung Kim 他
  • 日本人統合失調症患者を対象とした経皮吸収型blonanserinテープ製剤の長期間貼付による安全性と有効性:52週間非盲検多施設共同試験
    岩田 仲生,石郷岡 純,直井 一郎 他

シリーズ


 臨床に役立つ基礎薬理学の用語解説

  第5回
  • 一酸化窒素(nitric oxide):うつ病の病態との関わり
    齋藤 恒祐,吉村 玲児


メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
本誌へ投稿を希望される先生方へ
第23巻4号予告
脳内での向精神薬の挙動——現状と近未来を展望する・・・・・加藤正樹
向精神薬は脳内で実際に何をしているのか?
第23巻5号予告
精神疾患に対する治療介入効果の理想的な測定法はどうあるべきか?・・・・・渡邊衡一郎
評価尺度を再考する
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込
PierOnline

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.