定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 臨床精神薬理最新号

月刊

臨床精神薬理 第21巻06号最新号

2018年06月

今月の特集:精神科日常診療で診るてんかん——状況に応じた治療戦略
精神科医が日常の診療で診るてんかんに対する治療戦略とは!
精神科の日常診療の中で遭遇する可能性のある、高齢者のてんかん・脳炎後てんかん・心因性非てんかん性発作・精神症状や代謝異常等を合併したてんかんなど、様々な状況に応じた診断(鑑別)・治療の留意点や薬物療法の実際について、各分野のエキスパートが解説した特集。

ISBN:978-4-7911-5248-3


アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

【展望】
【特集】精神科日常診療で診るてんかん──状況に応じた治療戦略
  • 高齢発症てんかんに対する診断と治療
    千葉 茂
  • 脳炎後てんかんの病態・治療
    高橋 幸利,最上友紀子,山口 解冬 他
  • てんかんを専門にしない精神科医による,心因性非てんかん性発作(PNES)への実践的アプローチ
    谷口 豪
  • 非けいれん性てんかん発作重積状態に対する治療
    安元 眞吾,本岡 大道,伊東 裕二 他
  • てんかんに合併した精神症状に対する治療戦略
    山田 了士
  • 妊娠を合併したてんかん患者に対する治療
    岩崎 弘
  • 代謝異常を合併したてんかん患者に対する治療
    村田 佳子,渡邉 雅子
  • 肝障害・腎障害を合併したてんかん患者に対する治療
    栗田 紹子,久住 一郎

シリーズ

医局で本音を語る

  • 第6回 多飲水・水中毒 その2
    桐野 創,三澤 史斉,藤井 康男,佐久間睦貴,竹内 啓善

統合失調症治療ガイドラインの使い方

  • 第2回 日常診療における統合失調症治療ガイドラインの使い方(再発・再燃時)
    田近 亜蘭,堀 輝,伊賀 淳一,加藤 正樹

精神科薬物療法pros and cons

  • 薬の前に本人の心情と生活への注目を──認知症治療薬に抗精神病薬を使うかどうか
    上田 諭
  • 認知症治療薬に抗精神病薬を使うかどうか
    新井 哲明

臨床試験のデータを読み解く

  • 第5回 臨床試験の有効性データの確認ポイント:②モデルケースで学ぶ
    中林 哲夫

原著論文

  • 統合失調症患者に対するaripiprazole持続性注射剤の安全性と有効性:製造販売後調査の中間解析結果(ALISE study)
    安田 守良,曽我 綾華,徳山 年美 他

症例報告

  • ベンゾジアゼピン受容体作動薬の過量服用後に不穏を呈した1症例
    北元 健,上條 吉人,嶽北 佳輝 他

私が歩んだ向精神薬開発の道——秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第83回 究極の抗精神病薬clozapineの開発物語──その2:わが国における第Ⅰ期開発物語
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
本誌へ投稿を希望される先生方へ
第21巻7号予告
今日のうつ病とその治療を再考する・・・・種市摂子、野村総一郎
多様化するうつ病治療の選択肢と薬物療法の位置付け
第21巻8号予告
どのような患者にいつまでどのような維持治療が必要か・・・・大森哲郎
統合失調症維持治療に残された疑問点
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.