定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 臨床精神薬理最新号

月刊

臨床精神薬理 第23巻04号最新号

2020年04月

《今月の特集:向精神薬は脳内で実際に何をしているのか?》
向精神薬は脳内で何をしているのか、基礎知識から最新の情報まで網羅した特集!!


展望にて向精神薬の脳内での挙動を概説。特集では、向精神薬が脳内にどのように到達するか、そしてPETを用いた向精神薬の評価について紹介し、統合失調症治療薬、抗うつ薬、気分安定薬、抗てんかん薬、睡眠薬、ADHD治療薬、それぞれの作用機序を整理して、脳のどの部位でどのような症状の改善に寄与しているのか、薬力学的・薬物動態学的な最新の知見を各領域の専門家が解説した。

ISBN:978-4-7911-5270-4


こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋
【展望】
  • 脳内での向精神薬の挙動──現状と近未来を展望する
    加藤 正樹
【特集】向精神薬は脳内で実際に何をしているのか?
  • 向精神薬はどのように脳に到達するか
    鈴木 映二
  • PETを用いた脳内における向精神薬の評価
    荒川 亮介
  • 統合失調症の2つの病態仮説と抗精神病薬の作用機序
    眞島 裕樹,中島振一郎
  • 抗うつ薬は脳内で実際に何をしているのか?
    馬場  元
  • 気分安定薬は脳内でどのように気分を安定させているのか?
    加藤 忠史
  • 抗てんかん薬の作用機序
    井上 有史
  • 睡眠薬の薬理作用:実際なにをしているのか
    千葉 悠平,神林  崇
  • ADHD治療薬は実際に何をしているのか? 小児・青年期と成人期でどこが違うのか?
    黒川 駿哉,野村 健介

シリーズ



 臨床に役立つ基礎薬理学の用語解説

 第6回
  • プロテインキナーゼ
    山本 秀幸
  • チロシンキナーゼ
    山本 秀幸

原著論文

  • Aripiprazole持効性注射剤6ヵ月以上継続例の患者満足度に関する調査
    竹内 一平,山本 美紗,江崎 悠一 他

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
本誌へ投稿を希望される先生方へ
第23巻5号予告
精神疾患に対する治療介入効果の理想的な測定法はどうあるべきか?・・・・・渡邊衡一郎
評価尺度を再考する
第23巻6号予告
定説に対する疑問を繰り返し検討する意義・・・・・兼本浩祐
その定説は本当ですか?
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込
PierOnline

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.