定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)精神科臨床 > 卒後研修マニュアル(第二部)

神経科精神科

卒後研修マニュアル(第二部)

〈第2部 疾患別治療ガイドライン〉

卒後研修マニュアル(第二部)
研修医が戸惑いがちな向精神薬の使い分け。本書は、卓越した専門医たちが手の内を明かし、後輩のために示した実際的・具体的な疾患別薬物療法のガイドラインである。その他、問診の手引きにと、著者らが作成した4つの症状別評価尺度も集録され、目前の患者さんの治療にすぐにでも利用できる一冊となっている。
倉知正佳、鈴木道雄、齋藤治編
本体価格 3,500 円 + 税 A5判 並製 288頁
ISBN978-4-7911-0417-8〔2000〕

Contents
第I章 うつ病薬物療法ガイドライン
  • うつ病の治療の順序
  • 抗うつ薬について
  • 抗うつ薬の用い方 ”状態像による薬剤の選択”
  • 高齢者に対する抗うつ薬の用い方
  • 双極性感情障害の治療
  • 抗うつ薬の副作用
  • 抗うつ薬と気分安定薬の継続・維持療法
第II章 精神分裂病薬物療法ガイドライン
  • 分裂病の治療の順序
  • 抗精神病薬について
  • 抗精神病薬の用い方 ”状態像による薬剤の選択”
  • 抗精神病薬の副作用
  • 抗精神病薬の維持療法
第III章 てんかん治療ガイドライン
  • 診 断
  • 治 療
  • てんかん発作重積状態
  • 精神症状
  • 妊娠時の治療
  • 予後と生活指導
第IV章 精神科救急
  • 全般的事項
  • 大量服薬
  • 意識障害とせん妄
  • 脳卒中急性期
  • 一酸化炭素中毒
  • 悪性症候群
  • イレウス
  • アルコール離脱症候群
  • 急性水中毒
  • 精神科領域での輸液
第V章 痴呆の薬物療法とケアのガイドライン
  • 全般的事項
  • 診 断
  • 脳循環代謝改善薬の分類
  • 痴呆の薬物療法
  • 痴呆患者の外来治療と生活指導
  • 入院治療の適応と留意?
  • 痴呆患者の入院治療スケジュール
  • 痴呆の処遇
第VI章 精神科における和漢薬療法
  ”証を知らなければ和漢薬は使えないか?”
  • 総論
  • 各論 ”精神科における和漢薬治療の実際”
第VII章 電気けいれん療法
  ――とくに難治性うつ病に対する無けいれん性電撃療法について――
  • 適 応
  • インフォームド・コンセント
  • 無けいれん性電撃療法について
  • 電気けいれん療法(ECT)について
第VIII章 心理療法の実際 ”「思春期内閉」の場合”
  • 心理療法の実際
第IX章 症状評価尺度
   Mini-Dementia Scale(MDS)
   幻聴(auditory hallucination)についての質問
   分裂病圏障害評価尺度(Schizophrenia Spectrum Disorder Rating Scale, SSDR)
   病前社会性発達尺度(Premorbid Sociality Development Scale, PSDS)付録
   指定医申請とケースレポートの注意事項
   あとがき
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

精神科臨床

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.