定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)ソ―シャルな治療 > 統合失調症の家族教育方法論

統合失調症の家族教育方法論

統合失調症の家族教育方法論
統合失調症を患う人のQOLを向上させるにあたっては、その家族が統合失調症について学ぶことが必要不可欠です。本書は、精神科医をはじめとする医療関係者が、家族を対象に教育活動を行なう際に考慮すべき点を、受講者の募集方法から、教材の使い方、授業の形式、その進め方、授業時間外の交流についてまで、詳しく、実践的に説明したものです。
C.S.エイメンソン著 松島義博、荒井良直訳
本体価格 3,300 円 + 税 A5判 並製 328頁
ISBN978-4-7911-0513-7〔2003〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
セクション I
はじめに
本書の守備領域
家族介護者の役割の多様性
言葉の選択
セクション II 研究成果および理論的基礎
【第1章】家族および統合失調症に関する研究
統合失調症は神経生物学的な障害である
統合失調症の原因は家族にあるのではなく生物学的なものである
家族因子は回復過程で影響力をもつ
脱入院治療の動きは家族を介護者にする
新しい治療法は本人と家族に新しい役割をもたらす
家族は社会的・政治的な活動を通じて自分たちのニーズを知らせる
システム論に基づく家族療法は統合失調症には無効である
新しい家族介入は有効である
まとめ

【第2章】家族教育に関する研究
家族要因は教授可能な技能である
家族心理教育の効果
家族教育の効果
家族のニーズに関する調査
まとめ

【第3章】家族教育の原則
家族教育の利点
家族教育の目標
家族に内在する健全な力で打撃的ストレスに適応する
成人教育としての家族教育
教育と治療
まとめ

【第4章】家族が必要とする情報
教育的ニーズ:家族による評価
知識を増やすための情報
態度変容のための情報
必要な技能が何であるかを知るための情報
まとめ
セクション III 構造とプロセスに関する考察
【第5章】授業の形式と構造
教育,サポート,および問題解決方法の使い分け
受講者のニーズに適合した形式
家族教育の授業全般に適用される基本原則
授業の形式によって異なる基本原則
病気の本人を授業の対象としない理由
家族教育の具体策:授業環境の選択
家族教育の具体策:教室の設定
家族教育の具体策:授業スケジュール
家族教育の具体策:お茶菓子類の用意
まとめ

【第6章】受講者の募集と参加継続の促進
家族募集に関する考察
はじめて受講者を募集する際に考慮すべきこと
家族募集にあたり,考慮すべきこと
現在治療中の患者さんの家族から募集する
家族会の家族から募集する
一般の家族から募集する
受講者家族の募集の秘訣
家族との絆のために
異文化の背景をもつ家族との絆
まとめ

【第7章】家族教育における講師の役割
受講者との協力関係および教育への熱意
専門家としての情報提供とアドバイス
自分の人となりを出して親身になる
教師としての家族
病気の本人を治療しつつ,その家族を教育する
まとめ

【第8章】間接的治癒因子の活性化
家族の経験
情緒的サポートの提供
「ジャーニー・オブ・ホープ」のサポート:10原則
病気の人を捉える家族の視点をポジティブなものに変える
家族が自分たちやまわりを責める気持ちを軽減する
被害者意識から生還者意識への前進
病気との闘いを続ける力を見つける
家族教育の副作用
まとめ

【第9章】講義の仕方
講義の情緒的雰囲気
どのように講義の内容をまとめ,伝えるか
参加者との交流
予定通りに進める
学習を向上させるために言葉を選ぶ 1/現在の知識の限界を伝える
ビデオテープ,本,パンフレット
まとめ

【第10章】応用練習とディスカッションの方法
成人の学習方法
ディスカッションや応用練習への参加を促進する
応用練習の計画と進め方
焦点を絞ったディスカッションの進め方
オープンディスカッションの進め方
宿題の計画
参加を促す方法
まとめ

【第11章】受講者からの質問に対する答え方
質問についてのルール
質問に答えるときの一般原則
まとめ

【第12章】学習の妨げになる行動のコントロールについて
一般原則
遅刻者
制度への不満
時間の独占者
強烈な感情
危機
統合失調症を患っている本人からの干渉
社交的な集まり
まとめ
セクション IV 基礎コース教授のための要点と応用練習
【第13章】統合失調症:脳の疾患
最初のクラス
講師の紹介
教育活動の初めに行なう課題
講義の課題
応用練習と焦点を絞ったディスカッション
まとめ

【第14章】原因と経過
講義の課題
応用練習と焦点を絞ったディスカッション
まとめ

【第15章】治療
講義の課題
応用練習と焦点を絞ったディスカッション
まとめ

【第16章】薬物療法
講師の資格
講義の課題
他の場所で取り扱うべき課題
応用練習と焦点を絞ったディスカッション
まとめ

【第17章】リハビリテーション
講義の課題
応用練習と焦点を絞ったディスカッション
まとめ

【第18章】家族の役割
講義の課題
応用練習と焦点を絞ったディスカッション
終了まとめ
セクション V
おわりに
解説つき文献リスト
引用文献
あとがき
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
ソ―シャルな治療

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.