定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)気分障害・うつ病/強迫性障害 > 強迫性障害の研究(7)

強迫性障害の研究(7)

強迫性障害の研究(7)
第7回OCD研究会を収録。疫学、診断治療、治療反応性やSSRIの副作用、認知行動療法、脳画像解析など、最先端の研究や臨床報告が満載。
教育講演:発達障害に伴う強迫性障害
教育講演ディスカッション:発達障害に伴う強迫性障害(座長:大野裕、中川彰子 パネリスト :杉山登志郎、十一元三、金生由紀子)他15編
OCD研究会編 編集代表:上島国利、米田博
本体価格 2,800 円 + 税 A5判 並製 158頁
ISBN978-4-7911-0603-5〔2006〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents

  1. Clomipramineにてactivation syndromeを呈し, fluvoxamineにて改善した強迫性障害の1例,および多数例を対象にしたactivation syndromeの実態調査
    原田豪人・坂元薫

  2. A総合病院における女性看護師を対象としたMaudsley Obsessional-Compulsive Inventory(MOCI)による強迫症状の検討
    原田貴史・中村明美・大森哲郎

  3. 3T1H-MRSを用いた強迫性障害の脳内代謝物の検討
    住谷さつき・原田雅史・久保均・田吉伸哉・田吉純子・木内佐和子・上野修一・大森哲郎

  4. 口角を押し上げ続ける行為がみられた症例の診断と考察
    橋口渡・赤崎安昭・楠本朗・富永雅孝・赤池浩一・堀切靖・森岡洋史・佐野輝

  5. 強迫症状を主訴として当院で入院治療を受けた患者の退院後1年転帰
    宮川明美・飯倉康郎・山本理真子

  6. SSRI反応性が良好な強迫性障害患者群の臨床的特徴   ---反応性不良を示した一群との比較---
    前林憲誠・松永寿人・松井徳造・林田和久・興野健也・大矢健造・切池信夫

  7. アルコール依存症を併存したアスペルガー障害の強迫観念に対して,サルコフスキスの認知療法が有効であった1症例
    宗未来・射場真帆・大野裕

  8. 曝露反応妨害法と力動的心理療法を並行して行った強迫性障害患者の1例
    南里裕美・吉田卓史・渡邊明・中前貴・山下達久・福居顯二

  9. 強迫性障害に対する行動療法前後の画像解析とその一例報告
    山西 知愛・佐々木恵・仲秋秀太郎・村田佳江・品川好広・大森一郎・古川壽亮・遠山 淳子

  10. 強迫症状を前景とする統合失調症の1例
    加藤由美・福嶌謙太郎・西田勇彦・千原精志郎・米田博

  11. 強迫性障害と双極性障害の合併について
    森信繁

  12. 強迫と抑うつの関係について   ---因果関係モデル再考---
    大坪天平・幸田るみ子・伊川太郎・高塩理・鳥居成夫・尾鷲登志美・田中克俊・上島国利

  13. SSRI服用中に脱抑制や複雑部分発作を認めた広汎性発達障害の1例
    武藤宏平・棟居俊夫・三浦真由美・長澤達也・中村充彦・越野好文

  14. 広汎性発達障害を伴う強迫性障害児2例の治療過程
    近藤直洋・佐藤晶子・田中則行・工藤亜子・舩越俊一

  15. 12歳で発症した強迫性障害の2症例   ---その薬物療法を中心に---
    松永寿人・松井徳造・興野健也・林田和久・前林憲誠・大矢健造・切池信夫
教育講演  発達障害に伴う強迫性障害
  • 教育講演1
    子どもの強迫総論
    杉山登志郎

  • 教育講演2
    広汎性発達障害と強迫関連現象
    十一元三

  • 教育講演3
    トゥレット症候群に伴う強迫性障害
    金生由紀子

  • 教育講演ディスカッション
    発達障害に伴う強迫性障害
     座   長:大野裕・中川彰子
     パネリスト:杉山登志郎・十一元三・金生由紀子
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
気分障害・うつ病/強迫性障害

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.