定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)ソ―シャルな治療 > スキルアップ心理教育

スキルアップ心理教育

スキルアップ心理教育
統合失調症の家族教室から発展してきたわが国の心理教育。現在では、精神科医療のスタンダードとして位置づけられるほどに、さまざまな領域で実践され、そのエビデンスも徐々に蓄積されつつある。本書では、まず、心理教育の基本的な技法を振り返り、その効果がどのように評価され、判定されていくかについて解説。また、うつ病、摂食障害、PTSD、認知症などへの心理教育の応用をめぐって、患者さんや家族に効果的に関わるコツや術を詳しく紹介する。心理教育の現在を俯瞰できる充実の書。
上原徹編
本体価格 2,400 円 + 税 A5判 並製 212頁
ISBN978-4-7911-0638-7〔2007〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents

第1部 心理教育入門

 
第1章 心理教育アウトライン  上原 徹
    1.過去・現在・未来
      1) 歴史的な経緯
      2) 心理教育の今
      3) 将来的な方向と可能性
    2.基本的な哲学
    3.心理教育を支える理論と手法
      1) ストレス脆弱性モデル
      2) 家族の感情表出(EE)
      3) “良いとこ取り”の特徴
    4.プログラムの構造と内容
      1) 準備
      2) 導入
      3) 教育的部分
      4) グループワーク
      5) 問題解決技法
      6) コミュニケーション強調訓練
      7) 終結
    5.おわりに
         
 
第2章 家族心理教育ガイドライン  川嶋義章
    1.心理教育プログラム発展の背景
      1) なぜ家族を対象とするのか
      2) 心理教育プログラムの位置づけ
      3) 心理教育プログラムの原則
    2.これまで効果が実証されてきた家族介入モデル
      1) 行動療法的家族マネージメント(Behaviour Family Management:BFM)
      2) 家族心理教育モデル
      3) 家族グループ(ファミリーワーク)
      4) 心理教育的複合家族グループ
      5) 家族カウンセリング
      6) その他の家族介入
    3.「心理教育を中心とした心理社会的援助プログラムガイドライン」について
      1) 心理教育の目標・原則
      2) 心理教育の分類
      3) 心理教育の進め方
    4.おわりに
         
 
第3章 地域生活支援における心理教育の可能性  西尾雅明
    1.はじめに
    2.精神保健・福祉サービスにおける心理教育の位置づけ
      1) 利用者の地域生活を支援するものとして
      2) 生活の場で真価を発揮するものとして
    3.ACT と家族支援
      1) ACT とは
      2) ACT における家族支援
      3) ACT -J と家族支援
      4) ACT -J における家族支援から
      5) ACT -J の研究結果からみた家族支援のプロセス
    4.おわりに
         

第2部 エビデンス心理教育(EBP)

 
第1章 双極性障害への適用  大森一郎
    1.はじめに
    2.背景
    3.目的
    4.論文の選択基準
      1) 臨床研究デザイン
      2) 介入対象
      3) 介入のタイプ
      4) アウトカム
    5.文献検索の手順
      1) 電子検索 63
      2) 引用文献検索
    6.レビューの手順
      1) 文献選択
      2) 研究の質の評価
      3) データ分析
    7.結果
      1) Barcelona Bipolar Disorders Program の1(Colom , 2003 a , Colom , 2004)
      2) Barcelona Bipolar Disorders Program の2(Colom , 2003 b )
    8.まとめ
    9.あなたは
         
 
第2章 うつ病への心理教育  下寺信次
    1.はじめに
    2.うつ病患者の家族への心理教育 教材の紹介と知識教育のポイント
    3.症例うつ病を再発して夫とうまくいかない A さん(30 歳女性)
      1) サマリー
      2) 心理教育の流れ
    4.おわりに
         
 
第3章 PTSD 治療と心理教育  前田正治
    1.はじめに
    2.外傷性のイベントとPTSD
    3.PTSD になる人とならない人
    4.事後の様々な問題とPTSD
    5.PTSD は「心の傷」か
      1) 過敏反応
      2) 麻痺反応
    6.PTSD からの回復
    7.いったい問題はPTSD なのだろうか
    8.おわりに 付録トラウマがもたらす心身への影響~PTSD とそのケア~
         
 
第4章 モーズレーアプローチによる摂食障害の心理教育  上原 徹
    1.モーズレーアプローチは心理教育か
    2.モーズレーアプローチについて
      1) 従来の家族療法との違い
      2) 具体的な内容
    3.エビデンスについて
    4.FBT の実際
      1) 早期発見と動機付け
      2) 摂食障害の理解
      3) 食行動と体重への焦点化と協働
      4) 基本原則の再確認
      5) セッションの実際
    5.まとめ
         

第3部 ナラティブ心理教育(NBP)

 
第1章 統合失調症の土曜学校  浅見隆康
    1.土曜学校でのアンケート調査から
      1) 精神科の病気と診断された時の心境
      2) 精神科の病気と診断された時の対応
      3) 精神科で治療を受けていた時に家族が困ったこと
    2.家族に伝えていく事柄
      1) 病気の原因
      2) 治療の進め方
    3.土曜学校
      1) 土曜学校に参加して
      2) 土曜学校で取り組んできたこと
      3) 土曜学校の意義
 
第2章 患者や家族が腑に落ちるモデル-神経症性障害における
    「ストレスの器モデル」について-   黒崎成男
    1.はじめに
    2.「ストレスの器モデル」について
    3.具体的な説明例
    4.補足
      1) このモデルにおける薬物療法の位置づけについて
      2) 行動療法的アプローチについて
      3) 精神分析的解釈について
    5.おわりに
         
 
第3章 摂食障害の複合心理教育  鈴木廣子
    1.はじめに
    2.従来の心理教育と複合心理教育の違いは
    3.複合心理教育で生じること
      1) Aさんの場合
      2) Bさんの場合
      3) Cさんの場合
    4.複合心理教育でのちょっとしたコツは
    5.まとめ
         
 
第4章 認知症家族への心理教育  松本一生
    1.はじめに
    2.初期認知症高齢者と家族への心理教育 〔事例:A 氏〕
    3.昼夜が逆転する本人の在宅支援 〔事例:B氏〕 〔事例:C氏〕
    4.さいごに
         

第4部 EBPとNBPを橋渡す

 
心理教育のエビデンスとナラティブをめぐって  上原 徹
    1.心理教育研究とEE 研究を通じてみえるもの
    2.評価について
      1) どうして
      2) 何を
      3) どうやって
      4) 結果のフィードバック
    3.EBP(evidence based psychoeducation )と 
  NBP(narrative based psychoeducation)を橋渡す
      1) ナラティブについて
      2) NBPとEBPの統合
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
ソ―シャルな治療

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.