定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)精神科臨床 > 暴力を治療する

暴力を治療する

精神保健におけるリスク・マネージメント・ガイド

暴力を治療する
目次・本文閲覧
科学的調査によっても明らかであるが、精神障害によって引き起こされる暴力は、ごくごく少数である。しかし、精神障害者による暴力が稀だからといってリスクを無視することは、精神保健医療が担うべき重要な役割を放棄していることである。それゆえ構造化されたリスク・アセスメントが精神保健のケアの安全性を改善するために重要である。HCR-20などのツールを使って適切に暴力のリスクを評価し、薬物療法などにより患者に応じた適切なケアを行えば、暴力を未然に防ぐことが可能である。
アンソニー・メイデン著、吉川和男
本体価格 3,600 円 + 税 A5判 上製 320頁
ISBN978-4-7911-0706-3〔2009〕

Contents
第1章 なぜ暴力のリスク・アセスメントについて悩むのか
第2章 暴力のリスクを研究する
第3章 事態が悪化したとき…英国における殺人調査
第4章 暴力のリスクの臨床的アセスメント
第5章 標準化された,もしくは保険数理的リスク・アセスメント
第6章 暴力のリスクに対する構造化された臨床的アセスメント:考える人のアプローチ
第7章 精神障害による殺人に対する新しい視点:構造化されたリスク・アセスメントの適用
第8章 結論:良い治療と悪い姿勢について
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

精神科臨床

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.