定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)薬物療法・精神薬理 > クエチアピンを使いこなす

クエチアピンを使いこなす

クエチアピンを使いこなす
Quetiapineはclozapineに源流を持つ、多くの受容体に親和性をもつ薬物である。Quetiapineほど薬理学とアウトカム・データを駆使した合理的使用法が求められる抗精神病薬はない。薬理学、用量のエビデンス、短期・長期アウトカム研究、副作用とその対応策、切り替え技術とその根拠、高齢者など特殊患者への適応、適応外使用の現状など、取り上げられるすべての項目が等しく重要性を持つ。本書は「臨床精神薬理」誌のシリーズ『クエチアピンを使いこなす』(全10回)を第1部として処方上のあらゆる注意点を網羅し、第2部として既発表の原著論文、第3部に座談会を掲載し、quetiapineの全貌を明らかにし、その真価に迫る実践の書 !
石郷岡純
本体価格 2,800 円 + 税 A5判 並製 296頁
ISBN978-4-7911-0717-9〔2009〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
第1部 Quetiapineを使いこなす
第1章 Quetiapineの薬理的メカニズムと臨床効果
      —Quetiapineの至適用量とloose bindingな薬剤の作用機序について
第2章 至適用量と等価換算
第3章 薬剤選択
第4章 治療開始時・短期効果
第5章 Quetiapineの安全性
第6章 長期維持効果・再発予防
第7章 長期効果−QOL,認知機能
第8章 切り替え−前薬からの切り替えにquetiapineの効果が
      期待できるのはどのような臨床場面か?
  
第2部 Quetiapine理解のために(特集論文・研究報告より)
第1章 第二世代抗精神病薬誕生物語とその後の展開:Quetiapine
第2章 新規抗精神病薬quetiapineの薬理作用メカニズムについて
       ─D2以外の受容体に対する作用を中心に
第3章 陽性症状が顕著な急性期統合失調症に対するquetiapine急速増量療法について
第4章 慢性統合失調症患者に対する急速増量療法を用いたquetiapineへのスイッチングの有用性
第5章 quetiapineによる統合失調症維持療法の有用性
第6章 統合失調症におけるquetiapineの位置づけと今後の課題
第3部 Quetiapine座談会
第1章 初発統合失調症の病態と治療およびquetiapineの位置づけ
第2章 精神科救急における患者像およびその治療技法─薬物療法を中心に
第3章 Quetiapineの静穏化作用と臨床有用性

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

薬物療法・精神薬理

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.