定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)認知療法・認知行動療法 > 過敏性腸症候群の認知行動療法

過敏性腸症候群の認知行動療法

脳腸相関の視点から

過敏性腸症候群の認知行動療法
目次・本文閲覧
一般人口におけるIBS(過敏性腸症候群)の有病率は高いが、わが国における研究はいまだ乏しい。本書は、IBSに特化した認知行動療法の、わが国への導入の第一歩となる書である。理論と研究を概観して、認知行動的治療モデルを提示。さらに、著者らの研究に基づいて、アセスメントからセッション開始~終了までの実施手順を、豊富な症例・脚本と共に詳述する。IBS患者にかかわる方のための実践的な1冊。
ブレンダ・B・トナージンデル・V・シーガル
シェラーフ・D・エモットデービッド・ミラン
野村忍 監訳 菅谷渚鈴木敬生藤井靖
本体価格 3,300 円 + 税 A5判 並製 224頁
ISBN978-4-7911-0772-8〔2011〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
Ⅰ.理論的・研究的展望
1 過敏性腸症候群の概説
2 IBSに対する認知行動療法
3 IBSの治療におけるスティグマと性的役割への配慮
Ⅱ.臨床的応用
4 アセスメント
5 IBSの認知行動療法:概説と初回セッション
6 IBS治療の鍵となるテーマと技法
7 IBSへの対処に関連したさらなるセッションのテーマ
8 最終セッション

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

認知療法・認知行動療法

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.