定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)子どもの心/児童精神医学 > 子ども虐待としてのDV

子ども虐待としてのDV

母親と子どもへの心理臨床的援助のために

子ども虐待としてのDV
目次・本文閲覧
家庭という閉ざされた空間のなかで、子ども虐待の背後にDVが、DVの背後には虐待が複雑に絡み合い、潜在している状況があるが、DVに曝される子どもたちは支援のはざまで置き去りにされている。本書では、DVのある家庭で起きている暴力と支配の関係性をとらえ、子どもが被るさまざまな影響を理解する。そして、子どもと母親、母子関係への包括的な援助をめざす、画期的な心理臨床アプローチを提示する。
春原由紀 編著
武蔵野大学心理臨床センター子ども相談部門
本体価格 2,600 円 + 税 A5判 並製 236頁
ISBN978-4-7911-0795-7〔2011〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
第Ⅰ部 DVの理解
DVのある家庭で起きていること/DVに曝された子ども/母子関係・きょうだい関係への影響/加害者から離れた後/法的支援──支援するために知っておくこと
第Ⅱ部 心理臨床的援助の実際
母子関係への相即的支援/母親への援助の実際/子どもへの援助の実際/心理臨床的援助の方法

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

子どもの心/児童精神医学

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.