定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第06巻03号

月刊

臨床精神薬理 第06巻03号

2003年03月

ISBN:978-4-7911-5065-6

【展望】
  • 精神科薬物治療における反応性をどう予測するか
    近藤毅 兼子直
【特集】 精神科薬物治療における反応性予測 抄録
  • 抗精神病薬と反応性予測―選択的ドーパミン遮断薬の反応性予測とゲノム解析
    古郡規雄

  • 抗精神病薬の反応性予測―Risperidoneの反応性と候補遺伝子多型
    山之内芳雄 岩田仲生 鈴木竜世 尾崎紀夫

  • 抗精神病薬と反応性予測―プロラクチンとホモバニリン酸(HVA)の変化から
    油井邦雄 西嶋康一 恩田浩一 他

  • 抗うつ薬と反応性予測―SSRIを中心に
    鈴木雄太郎 染矢俊幸

  • 抗うつ薬と反応性予測―SNRIを中心に
    樋口久 吉田契造

  • 抗うつ薬,抗精神病薬と反応性予測―モノアミン代謝の変化から
    吉村玲児 上田展久 新開浩二 他

  • 精神科薬物治療と反応性予測―創薬の立場から
    劉世玉 藤田芳司
【原著論文】

  • Paroxetine血中濃度に及ぼす用量とCYP2D6遺伝子多型の影響
    澤村一司 鈴木雄太郎 川嶋義章 他
【短報】
  • Montgomery Äsberg Depression Rating Scale(MADRS)の日本語訳の作成経緯
    上島国利 樋口輝彦 田村かおる 他
【シリーズ 他】
  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    阿部亮 染矢俊幸 森田幸代 下田和孝
  • 研修医を応援する―処方奏効・失敗例
    • 高プロラクチン血症を呈し,quetiapineへの置換が有用であった統合失調症の1例
      青木庸子 村山賢一 染矢俊幸

  • 海外文献紹介
    • Risperidone, olanzapine, clozapineおよび従来型抗精神病薬の2型糖尿病への影響―大規模保健計画データベースの研究結果
      吉村玲児
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.