定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第08巻08号

月刊

臨床精神薬理 第08巻08号

2005年08月

ISBN:978-4-7911-5094-6

【展望】
  • 抗精神病薬の用量反応性
    大森哲郎
【特集】抗精神病薬の用量:その決め方と変え方 抄録

  • 統合失調症治療におけるhaloperidolの至適用量
    角田健一 稲垣中

  • 統合失調症治療におけるrisperidoneの用量設定
    三宅誕実 諸川由実代

  • Quetiapineの用量:その決め方と変え方
    秋本多香子 宮本聖也 青葉安里

  • Olanzapineの用量設定
    武田俊彦

  • Perospironeの適応と用量反応性
    久住一郎 高橋義人 小山司

  • Levomepromazineの精神科薬物療法における位置づけと用量設定の変遷
    藤井千太 新福尚隆

  • <総説>抗精神病薬の用量反応性:その臨床的判断基準の過去と現在
    堤祐一郎
【原著論文】
  • 慢性統合失調症を対象としたhaloperidolからrisperidoneへのswitchingについて―PANSS,DIEPSS,QOL26による検討
    本岡大道 近間浩史 森田喜一郎 他

  • Risperidone内用液のD2受容体阻害特性―血漿Prolactinを指標にした錠剤との比較
    武田俊彦 佐藤創一郎 羽原俊明

  • Risperidone内用液の原液投与の有用性―口腔粘膜吸収の可能性とその効果
    大下隆司
【短報】
  • 新規抗うつ薬開発におけるプラセボ対照比較試験の必要性
    青葉安里 諸川由実代
【症例報告】
  • Paroxetineによる耐糖能の改善が考えられた糖尿病を伴ううつ病の1例
    岩田正明 挾間玄以 白山幸彦 他

  • Milnacipranの追加投与で改善した精神病性うつ状態の症例
    陳元太 明石惠司 田伏薫
【総説】
  • ドパミン仮説からみた統合失調症の病態と治療的展望―Haloperidolからaripiprazoleへ
    石郷岡純
【講演紹介】

『第2回Schizophrenia研究会』
  • 開会にあたって
    岡崎祐士

  • 統合失調症の病態形成:側頭-前頭2段階発症仮説
    倉知正佳

  • Discussion
    岡崎祐士(司会) 豊嶋良一 倉知正佳 他
【シリーズ 他】
  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    西垣志帆 下田和孝 福井直樹 澤村一司 染矢俊幸

  • 研修医を応援する―処方奏効・失敗例
    • 継続ECT導入後も治療に苦慮した老年期うつ病の1例
      高橋杏子 木内健二郎 坂元薫
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.