定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第08巻11号

月刊

臨床精神薬理 第08巻11号

2005年11月

ISBN:978-4-7911-5097-7

【展望】
  • 新規抗うつ薬導入後のうつ病診断と治療を考える
    野村総一郎
【特集】うつ病の薬物療法を見直す 抄録

  • EBMからみた新規抗うつ薬の効果と安全税
    渡辺範雄 古川壽亮

  • うつ病の治療アルゴリズムを再考する
    坂元薫

  • 新規抗うつ薬のリスクとベネフィット ―副作用の理解とその対策を中心に
    野村健介 渡邊衡一郎

  • 抗うつ薬によるactivation syndrome
    辻敬一郎 田島治

  • 児童青年期の抑うつ状態への薬物療法
    十一元三

  • 精神科クリニックにおけるうつ症状患者の診療の現状および課題
    山口聡 山本裕
【原著論文】
  • 向精神薬による房室ブロックの発生機序
    大野貴司 菊池慎一

  • 統合失調症患者のrisperidone switching前後における 臨床症状および認知機能の比較
    鈴木英伸 井上雄一 元圭史 他
【症例報告】
  • Olanzapineを初回投与後,短時間で高血糖が観察された 双極Ⅰ型障害の1例
    水上健 木村充 山本哲也 他
【Interview】
  • 多剤併用・大量療法からの脱却―新規抗精神病薬へのスイッチングと 単剤化の軌跡
    稲村茂(Interviewer/宮本聖也)
【講演紹介】

GLOBAL EPILEPSY SUMMIT 2005
  • はじめに
    八木和一

  • 小児の難治性部分発作に対する新規抗てんかん薬の 役割とエビデンス
    Peter Verdru(監訳/三浦寿男)

  • 承認申請試験データから得られるもの、 そして得られないもの
    Elinor Ben-Menachem(監訳/村崎光邦)

  • 新規抗てんかん薬の臨床効果
    Ley Sander(監訳/山内俊雄)

  • AEDの有害作用
    Emilio Perucca(監訳/大沼悌一)

  • 難治性てんかんの診断と予測
    Martin Brodie(監訳/真柳佳昭)

  • 高齢てんかん患者の治療上の問題点
    Bernd Pohlmann-Eden(監訳/地引逸亀)

  • てんかん治療における遺伝子の役割と民族性
    Ingrid E. Scheffer(監訳/加藤進昌)

  • 全般および局在関連てんかん症候群
    Edouard Hirsch(監訳/八木和一)

  • 若年ミオクロニーてんかんは特発性全般てんかん症候群か
    Matthias Koepp(監訳/三浦寿男)

  • 特発性全般てんかんの診断
    Selim Benbadis(監訳/山内俊雄)

  • 抗てんかん薬の発見―過去の教訓と未来の挑戦
    Henrik Klitgaard(監訳/加藤進昌)
【シリーズ 他】
  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    横山裕一 遠藤太郎 染矢俊幸 佐伯吉規 下田和孝

  • 研修医を応援する―処方奏効・失敗例
    • Behavioral Psychological Symptoms of Dementia(BPSD)にfluvoxamineが有効であった1例
      岩原千絵 宮本和子 坂元薫 他

  • 海外文献紹介
    • 精神病性大うつ病の抗うつ薬治療:σ受容体の潜在的役割
      田島治
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.