定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第09巻01号

月刊

臨床精神薬理 第09巻01号

2006年01月

ISBN:978-4-7911-5099-1

【展望】
  • 我が国における精神科領域臨床試験の変遷と今後の方向性
    青葉安里
【特集】臨床治験の現状と課題 抄録
  • 治験登録医/創薬・育薬認定師制度発足の経緯
    諸川由実代

  • 統合失調症治療薬の治験の現状
    冨高辰一郎 石郷岡純

  • 抗うつ薬治験の現状
    吉村玲児 堀輝 中村純

  • 認知症に対する薬物
    工藤喬 武田雅俊

  • 注意欠陥/多動性障害に対するmethylphenidate徐放薬
    酒井文子 今井淳子 原田謙

  • 睡眠薬に関する臨床治験の現状と課題
    内山真

  • 臨床治験の現状と課題:抗てんかん薬
    藤原建樹
【原著論文】
  • 抗パニック薬を継続・減量・終了している期間のパニック障害の再燃
    長沼英俊

  • 慢性統合失調症入院患者における多剤併用療法からrisperidone単剤療法への切り替えについて
    宮本歩 林皓章 壁下康信 柳雄二

  • 統合失調症に対するaripiprazoleの初期臨床第II相試験 ――関東地区多施設共同オープン試験――
    村﨑光邦 三浦貞則 栗原雅直 長谷川和夫 融道男 山内俊雄 上島国利 八木剛平

  • 統合失調症に対するaripiprazoleの初期臨床第II相試験 ――関西地区多施設共同オープン試験――
    木下利彦 工藤義雄 三浦貞則 川北幸男 堺俊明 齋藤正己 西村健 中嶋照夫

  • 第2世代抗精神病薬と代謝障害――非肥満,非糖尿病での検討――
    長嶺敬彦

  • 日本での統合失調症患者におけるolanzapine速効型筋注製剤の 臨床用量の探索的検討
    小野久江 村崎光邦 佐々木幸哉 Anne Bille
【Letters to the editor】
  • Paroxetine誘発性過剰欠伸(あくび)の臨床特性
    原田 研一
【症例報告】
  • 多剤投与からolanzapine単剤投与に切り替えて軽快した統合失調症の1例
    山本暢朋 八木正樹 織田辰郎
【総説】
  • 強迫性障害:これからの薬物治療――うつ病と不安障害に広く効果を発揮するParoxetineへの期待――
    上島国利
【シリーズ 他】
  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    阿部亮 塩入俊樹 染矢俊幸 上田幹人 下田和孝

  • 研修医を応援する―処方奏効・失敗例
    • 自殺企図後に身体疾患を併発し症状が改善したうつ病の1例
      松本有紀子 宮本和子 坂元薫 他
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.