定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第11巻03号

月刊

臨床精神薬理 第11巻03号

2008年03月

《今月の特集:寛解をめざしたうつ病治療》
うつ病治療において、寛解をめざすことは自殺や再発を防ぐ上でも重要である。本特集では、うつ病治療における寛解・回復の概念・定義を整理し、様々なうつ病治療による寛解率の違いを検討した。また、うつ病における寛解と再発・自殺、寛解とQOL、寛解と合併症の関係について紹介し、最後に寛解をめざした治療戦略を展望した。

ISBN:978-4-7911-5125-7

【展望】
  • 精神科領域における臨床試験についての考察
    竹内正弘,竹内円雅
【特集】 寛解をめざしたうつ病治療 抄録
  • 寛解、回復を目指したうつ病の治療―うつ病の寛解、回復の概念、定義
    中村純,石郷岡純
  • 様々なうつ病治療における寛解率の違い
    高橋一志,石郷岡純
  • うつ病における寛解と再発、自殺
    井上猛,北川信樹,中川伸他
  • うつ病の寛解とQOL
    稲田健,馬場寛子,石郷岡純
  • うつ病寛解と合併症
    熊田貴之,大坪天平
  • うつ病における寛解を目指した治療戦略
    越野好文
【シリーズ・他】
  • そこが知りたい薬物療法Q&A
    上馬塲伸始,須貝拓朗,染矢俊幸,大栗有美子,渡邊崇,下田和孝
【原著論文】
  • Blonanserinの薬理学的特徴と臨床的位置付け
    村崎光邦
  • 精神運動興奮を有する日本人の統合失調症患者にolanzapine速効型筋注製剤を投与した時の薬物動態の検討―Olanzapine速効型筋注製剤第Ib相臨床試験
    小野久江,田中和芳,西村裕美子他
【総説】
  • 統合失調症患者の社会復帰とアドヒアランス向上
    樋口輝彦
【講演紹介】

 諏訪・佐野メモリアルシンポジウム―抗精神病薬50年を振り返る
  • 開会にあたって
    小山司
  • 司会にあたって
    栗原雅直
  • 我が国における薬物療法の幕開け―北海道大学の場合
    山下格
  • 我が国における薬物療法の幕開け―Chlorpromazineの導入を中心に
    中嶋照夫
  • 司会にあたって
    三浦貞則
  • 抗精神病薬の薬理―コンセプトとそのスクリーニングの変遷
    森本保人
  • 第二世代抗精神病薬開発の視点から
    村崎光邦
  • ごあいさつ
    武田雅俊
  • 司会にあたって
    山内俊雄
  • 現状における薬物療法の理念―臨床的観点から
    久住一郎
  • 精神科薬物療法における将来展望―基礎的観点から
    西川徹
  • 抗精神病薬療法の現状と将来―統合失調症を中心に
    八木剛平
 SSRI増強療法の新たな試み―薬動態学的/薬力学的見地から
   小山司

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.