定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第11巻04号

月刊

臨床精神薬理 第11巻04号

2008年04月

《今月の特集:AD/HDに対する薬物療法のエビデンス》
リタリンに代わって新発売されたmethylphenidate徐放錠コンサータの紹介を中心に、AD/HDの基礎から臨床まで、中枢神経刺激薬の依存リスクや薬物療法のエビデンス、行動療法と薬物療法の実際、成人期AD/HDの問題などを特集した。

ISBN:978-4-7911-5126-4

【展望】
  • AD/HDの治療における薬物療法の位置づけ
    齊藤万比古
【特集】 AD/HDに対する薬物療法のエビデンス 抄録
  • AD/HDの神経生物学的基盤と薬物療法のターゲット
    岡田俊
  • 児童期のAD/HDに対するmethylphenidate速放錠・徐放錠のエビデンス
    岡田俊
  • Methylphenidateの依存リスク―基礎から臨床までのエビデンスの検討
    Michael Huss(監訳/岡田俊)
  • AD/HD治療における成長遅延と心血管系副作用
    永井章,田中英高
  • AD/HDに対するノルアドレナリン再取り込み阻害薬のエビデンス
    根來秀樹,飯田順三
  • AD/HDに併存する破壊的行動障害に対する薬物療法のエビデンス
    篠山大明,原田譲
  • AD/HDに対する包括的治療のエビデンス―行動療法と薬物療法の統合
    穴井千鶴,向笠章子,山下裕史朗
  • 成人期におけるAD/HDの診断と薬物療法における問題
    岡田俊
【シリーズ・他】
  • そこが知りたい薬物療法Q&A
    石黒慎,佐伯吉規,渡邊崇,下田和孝
  • そこが知りたい薬物療法Q&A
    清野うらら,須貝拓朗,染矢俊幸
【原著論文】
  • 統合失調症患者の退院促進に関する調査
    ―川口病院における非定型抗精神病薬導入後の薬物療法の変化との関係
    柴田勲,丹羽真一
  • 「第2回 うつ病の薬物療法についての考え方」実態調査結果
    ―より適切な薬物療法の推進を目的として
    伊豫雅臣,中込和幸,渡邊衡一郎他
【症例報告】
  • 外来診療における初発・再発再燃21例へのaripiprazoleの使用経験
    ―統合失調症の急性期から維持期を捉えた治療の重要性
    玉井顯
  • 強固な服薬拒否例に対するolanzapine口腔内崩壊錠の使用経験
    ―長期維持が可能となった2症例
    森川文淑,直江寿一郎
  • 初発・再発再燃で入院を余儀なくされた統合失調症10例に対するaripiprazoleの使用経験
    ―Aripiprazole12mg/日の初回(入院時)用量からの検討
    才村泰生
【総説】
  • 統合失調症治療におけるアドヒアランスとは
    小山司
【座談会】
  • セロトニン増強療法の展望―欧米と日本の最新事情
    BorwinBandelow,上島国利(司会),樋口輝彦,小山司
【講演紹介】

 統合失調症の薬物療法
  • さらなるアドヒアランスの向上に向けて我々が取り組めること
    渡邊衡一郎
 がん患者の精神症状マネジメントとコミュニケーションスキル
  • がん医療における精神腫瘍学的な問題とその対応について
    大西秀樹
  • 緩和ケアチームにおける精神医学の技術の効用
    ―精神腫瘍学の臨床・教育経験から
    内富庸介,藤森麻衣子
  • 緩和ケアの現在と将来―Introductionforpsychiatrists
    森田達也
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.