定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第12巻01号

月刊

臨床精神薬理 第12巻01号

2009年01月

《今月の特集:向精神薬の効果・副作用の予測因子》
日常の臨床判断に欠かせない予測因子について、生物学的マーカーや大規模臨床試験のデータから示唆されるさまざまな因子を包括的に取り上げる。また編集委員長が著名なゲストを迎えてインタビューする新シリーズを開始。第1回は笠原嘉先生。

ISBN:978-4-7911-5135-6

【展望】
  • 薬剤選択・変更の臨床判断はどのように行うか
    塩入俊樹
【特集】 向精神薬の効果・副作用の予測因子 抄録
  • 抗精神病薬の有効性の予測因子
    稲田健
  • 抗精神病薬の副作用の予測因子
    常山暢人,福井直樹,鈴木雄太郎,他
  • 抗うつ薬の効果と副作用を予測する―薬理遺伝的立場から
    高橋一志,樋口久
  • 抗うつ薬の有効性と副作用の予測因子
    森下茂
  • 抗てんかん薬の有効性
    岡田元宏,菅野孝
  • 抗てんかん薬の副作用とその予測因子
    吉田秀一,太田智佳子,小野寺直子 他
  • 気分安定薬の有効性・安全性の予測因子
    寺尾岳
  • Benzodiazepineの有効性・安全性の予測因子
    菅原裕子,石郷岡純
【原著論文】
  • Olanzapine治療による統合失調症患者のヘルスアウトカム調査―Olanzapineの製造販売後特別調査結果から
    倉持素樹,小野久江,中原直博,他
【紹介】
  • うつ病と痛み
    小野久江,白川治,御前裕子,他
新シリーズ開始!!
【Inside the doctor’s studio 編集長が聞く精神薬理学の軌跡】
  • 新シリーズ開始にあたって
    村崎光邦
  • 第1回笠原嘉先生を迎えて
    インタビュアー/村崎光邦
【座談会】
  • 高齢者のうつ病―認知症との関係
    新井平伊(司会),馬場元,水上勝義,三村將,小田原俊成
【シリーズ・他】
  • そこが知りたい薬物療法Q&A
    常山暢人,須貝拓朗,染矢俊幸
  • 薬の使い方
    • Quetiapineを使いこなす第7回
      長期効果―QOL,認知機能―
      長田泉美,中込和幸
    • Methylphenidate徐放錠を使いこなす第2回
      Methylphenidate徐放錠の投与初期にみられる副作用
      岡田俊
  • 海外文献紹介
    • Fluvoxamine単回経口投与後のヒト脳におけるシグマ1受容体占拠率
      :[11C]SA4503を用いたポジトロン断層撮影研究
      石川雅智,石渡喜一,石井賢二,他
【講演紹介】

 第7回Schizophrenia研究会
  • 開会にあたって
    倉知正佳
  • 統合失調症死後脳研究
    丹羽真一,國井泰人,和田明,他
  • 精神疾患患者死後脳における遺伝子発現解析
    加藤忠史
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.