定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 臨床精神薬理バックナンバー > 第12巻03号

月刊

臨床精神薬理 第12巻03号

2009年03月

《今月の特集:精神疾患の早期介入における薬物療法の意義/新規抗てんかん薬topiramate》
精神疾患の早期介入に関するエビデンスを包括的に展望し、様々な精神疾患への早期介入における薬物療法の意義を明らかにした特集。また、2007年9月に本邦で上市された抗てんかん薬topiramateの特集では、開発の経緯や将来への展望、薬理作用、臨床応用、副作用などを幅広く取り上げた。

ISBN:978-4-7911-5137-0


【展望】
  • 統合失調症早期介入の基本概念と診断・治療における課題
    鈴木道雄
【特集】 精神疾患の早期介入における薬物療法の意義 抄録
  • 統合失調症の早期経過と介入のエビデンス
    井藤佳恵,松本和紀,松岡洋夫
  • 子どもの双極性障害の臨床的特徴―双極Ⅰ型を中心に
    十一元三
  • 児童青年期の大うつ病性障害への早期介入
    棟居俊夫
  • 注意欠陥/多動性障害の早期介入における薬物療法のリスクとベネフィット
    岡田俊
  • PTSD発症二次予防のための薬物療法と早期介入
    廣常秀人,明石加代,藤井千太,他
  • 認知症に対する早期介入のエビデンス
    橋本衛,池田学
【特集】 新規抗てんかん薬topiramate 抄録
  • 特集にあたって
    八木 和一
  • Topiramateの開発の経緯と将来の展望
    八木 和一
  • Topiramateの薬理作用
    岡田 元宏,山村 哲史
  • 部分発作治療におけるtopiramateの使い方
    兼子直,吉田秀一,小田桐元,他
  • Topiramateの臨床応用―成人症例を中心として
    兼本浩祐,佐藤美恵子,加藤裕子,他
  • Topiramateのてんかん以外への応用
    坪井貴嗣,仁王進太郎,渡邊衡一郎
  • Topiramateの副作用と投与方法について
    山内 俊雄
【原著論文】
  • 新規抗うつ薬mirtazapineのうつ病及びうつ状態の患者を対象とした長期投与試験
    木下利彦
【Letters to the editor】
  • 「身体表現性障害に対するSSRIの有用性について― Fluvoxamineを用いて―」の論文に対するコメント
    橋本謙二
【シリーズ・他】
  • そこが知りたい薬物療法Q&A
    根本麻知子,福井直樹,染矢俊幸
  • 薬の使い方

    • Quetiapineを使いこなす第9回
      高齢者への投与
      田中稔久,武田雅俊
    • Methylphenidate徐放錠を使いこなす第4回
      AD/HDの併存障害に対する治療
      岡田俊
【講演紹介】

 Blonanserin発売記念講演会
  • 開会にあたって
    村崎 光邦
  • 開会にあたって
    武田 雅俊
  • シンポジウム:Blonanserinの使い方

    • Blonanserinの基礎と臨臨床
      木下 利彦
    • Blonanserinの薬理学的特徴からみた適応の可能性
      久住一郎
    • Blonanserinへの切り替え方法
      岡田 俊
    • Blonanserinの急性期患者に対する有用性
      堤 祐一郎
    • Blonanserinの好適症例―長期投与,認知機能面から
      宮本聖也
    • DISCUSSION
 第18回日本臨床精神神経薬理学会・第38回日本神経精神薬理学会合同年会より
  • うつ病治療におけるシグマ1受容体の働き―その最新知見
    座長/笠井清登,演者/橋本謙二
  • シグマ受容体からみたfluvoxamineの臨床特性の可能性
    座長/伊豫雅臣,演者/竹林実
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

本誌へ投稿を希望される先生方へ
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.