定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第13巻07号

月刊

臨床精神薬理 第13巻07号

2010年7月

《今月の特集:緩和医療における精神科薬物療法》
2006年にはがん対策基本法が成立し、緩和ケアに対する関心やニーズが高まっている。本特集では、緩和医療におけるチームワークの中で、精神科薬物療法の果たす意味を考える。

ISBN:978-4-7911-5153-0


三省堂書店楽天市場店この号は現在品切れですが三省堂書店オンデマンドでご購入いただけます。
右のバナーをクリックし、三省堂書店楽天市場店よりお買い求めください。
【展望】
  • 日本における緩和医療の現状と展望
    小早川 誠、林 優美、岡村 仁
  • がん患者の精神症状とそのスクリーニング
    横尾実乃里、清水 研
  • 症状緩和のためのコミュニケーションスキル
    木下 寛也
  • 疼痛に対する対応と薬物療法の実際―スピリチュアルペインへの対応も含めて
    金井 貴夫、西村 勝治
  • がん患者における不眠
    木村 元紀、松島 英介
  • 抑うつ・不安への対応と薬物療法の実際
    堀川 直史、島 美和子、松原 理、他
  • せん妄への対応と薬物療法の実際
    大西 秀樹
  • がん患者の希死念慮と自殺
    明智 龍男

シリーズ・他

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    杉本 篤言、福井 直樹、染矢 俊幸
  • 向精神薬の等価換算
    •  第22回 持効性抗精神病薬の等価換算(その3)
      :Risperidone長時間作用型注射製剤
      稲垣 中、稲田 俊也
  • 海外文献紹介
    • 精神病性うつ病に対するfluvoxamine単剤療法
      :シグマ1受容体の潜在的役割
      古瀬 勉、橋本 謙二

原著論文

  • Aripiprazole単剤による6ヵ月以上長期継続投与33例の有用性の検討
    吉川 憲人

座談会

  • 高齢者のうつ病治療について
    朝田 隆(司会)、平澤 秀人、J. C. Nelson
  • 精神疾患の早期発見と早期治療
    水野 雅文(司会)、小林 啓之、下寺 信次、松本 和紀、Thomas H. McGlashan

講演紹介

Aripiprazole発売3周年記念講演会

  • 開会のご挨拶
    鮫島 健
  • 開会にあたって
    西川 徹
  • Session 1:海外大規模臨床試験から得られたエビデンス
    • 統合失調症管理における抗精神病薬の相対的有効性
      W. Wolfgang Fleischhacker(監訳/石郷岡 純)
  • Session 2:長期予後を考慮した急性期薬物治療戦略
    • Aripiprazoleの初発統合失調症に対する効果と安全性―体重増加、脂質代謝異常における他剤との違い
      高橋 一志
    • 入院加療を要する統合失調症の急性期治療導入の試み―新しい剤形を利用した治療の可能性
      藤田 潔
  • Session 3:患者さんのリカバリーを目指した薬物療法の取り組み
    • 統合失調症の新しいゴール設定―remissionからrecoveryへ
      渡邊衡一郎
    • 患者さんのQOL向上を目指した薬物療法―切り替えによる検討
      柴田 勲
    • 治療者として我々に何ができるか
      南光進一郎
  • 閉会にあたり
    高橋 清久
  • 閉会にあたって
    川﨑 洋子

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.