定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第13巻09号

月刊

臨床精神薬理 第13巻09号

2010年9月

《今月の特集:新規抗てんかん薬levetiracetamのすべて》
世界90ヵ国以上で発売されている抗てんかん薬levetiracetamが、2010年7月に本邦で承認された。てんかん治療におけるlevetiracetamの可能性について、薬理作用、臨床効果、安全性と薬物動態の特徴から考察した。

ISBN:978-4-7911-5155-4

【展望】
  • 新規抗てんかん薬に対する期待と留意点―主として部分発作治療の観点から
    山内 俊雄
  • Levetiracetam―新規抗てんかん薬への期待
    八木 和一
  • Levetiracetamの薬理作用―そしててんかん原性抑制への期待
    笹 征史
  • Levetiracetamの臨床効果―海外と日本
    寺田 清人、井上 有史
  • 安全性からみたlevetiracetamの特徴
    岩佐 博人、兼子 直
  • Levetiracetamの薬物動態
    渡邊さつき、松浦 雅人

紹介

  • 評価の確立した抗てんかん薬levetiracetam―その20年の経験
    Josemir W. Sander(監訳/松浦 雅人)

座談会

  • 抗てんかん薬服用中に観察される精神症状について
    山内 俊雄(司会)、Sandra Helmers、兼子 直、松浦 雅人

講演紹介

  • クリニックで診るこの頃の軽症統合失調症
    笠原 嘉

シリーズ・他

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    常山 暢人、須貝 拓朗、染矢 俊幸
  • 薬の使い方
    • Risperidone持効性製剤を使いこなす 第2回
      持効性製剤の患者受け入れを高めるために必要とされること
      松本 出

Letters to the editor

  • Letterへの報告
    益尾 憲

原著論文

  • 統合失調症の外来初発症例に対するolanzapine口腔内崩壊錠の導入―その有効性と安全性について
    窪田 幸久
  • 日本人小児期及び青年期AD/HDに対するatomoxetineの最長4年間の長期継続投与非盲検試験における有効性及び安全性
    後藤 太郎、多喜田保志、高橋 道宏

症例報告

  • 非鎮静系抗精神病薬aripiprazole、blonanserinの可能性―急性期、維持期における改善例を通じて見えてくるもの
    髙木 学、折田 暁尚、五島 淳、他

総説

  • 統合失調症治療における抗精神病薬の切り替えストラテジー
    山本 暢朋、稲田 俊也、藤井 康男

座談会

  • Clozapineの実像に迫る―Meltzer先生を囲んで
    石郷岡 純(司会)、Herbert Y. Meltzer、村崎 光邦、中込 和幸、黒木 俊秀
  • うつ病治療における寛解の意義と薬物治療戦略―急性期治療の服薬アドヒアランスを中心に
    小山 司(司会)、大森 哲郎、井上 猛、川村 邦彦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.