定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第13巻10号

月刊

臨床精神薬理 第13巻10号

2010年10月

《今月の特集:抗うつ薬導入50年》
最初の抗うつ薬imipramineが本邦へ導入されてから2009年で50年の節目を迎えた。本特集では、わが国における抗うつ薬開発の歴史を振り返り、続いてreserpine、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAの果たした役割と今後の可能性、そして今後期待される新たな抗うつ薬開発について展望した。

ISBN:978-4-7911-5156-1

【展望】
  • Imipramineから50年―わが国における抗うつ薬開発の歴史的展開
    村崎 光邦
  • 抗うつ薬導入50年を振り返って―芳香族モノアミンを巡る展開
    中嶋 照夫
  • 三環系抗うつ薬の果たした役割と今後への期待
    越野 好文
  • 四環系抗うつ薬の果たした役割と今後への期待
    内村 直尚
  • SSRIの果たした役割と今後への期待
    田中 徹平、野村総一郎
  • SNRIの果たす役割と期待
    樋口 輝彦
  • NaSSAの果たすべき役割とその可能性
    加藤 正樹、木下 利彦
  • 今後の抗うつ薬開発への期待
    石郷岡 純

シリーズ・他

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    渡邊  崇、大曽根 彰、下田 和孝
  • 薬の使い方
    • Risperidone持効性製剤を使いこなす 第3回
      Risperidone持効性製剤と脱落防止の対策―リコールの活用を中心に
      森 康裕

原著論文

  • Paroxetine塩酸塩水和物の中断後症状の実態と10mg/日未満の用量調節の必要性―日本臨床精神神経薬理学会 アンケート調査
    日本臨床精神神経薬理学会
  • 統合失調症患者におけるquetiapine 1日1回眠前投与の検討
    柴田  勲、丹羽 真一
  • 外来統合失調症治療におけるrisperidone持効性注射剤の有用性の検討―QOL向上と寛解を目指した治療のために
    窪田 幸久
  • 日本人パニック障害患者を対象としたsertralineとparoxetineの有効性および安全性を検討する無作為化、二重盲検、非劣性試験
    上島 国利、貝谷 久宣、今枝 孝行、他

総説

  • 気分安定薬を用いた統合失調症の効果増強療法
    山本 暢朋、稲田 俊也、藤井 康男
  • 12の抗うつ薬はどれも同じか?―マルチプルトリートメントメタアナリシスが開く新しいエビデンス
    米本 直裕、稲垣 正俊、山田 光彦

座談会

  • うつ病患者の実態から考える治療戦略―急性期服薬アドヒアランスの向上を中心に
    中込 和幸(司会)、川嵜 弘詔、渡邊衡一郎

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.