定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第14巻02号

月刊

臨床精神薬理 第14巻02号

2011年2月

《今月の特集:添付文書に警告される向精神薬の副作用》
薬剤には様々な効能・効果がある半面、副作用や有害 事象が発現することもある。本特集では、向精神薬の添付文書に警告されている重篤な副作用・有害事象として、薬疹・睡眠薬による夜間異常行動・糖尿病・無顆粒球症・抗うつ薬による自殺のリスク増加・抗精神病薬による遅発性錐体外路症状について取り上げた。

ISBN:978-4-7911-5160-8

【展望】
  • 添付文書にみる致死性の副作用・有害事象;因果関係評価例を含めて
    清水 直容
  • 向精神薬による重症薬疹:Stevens-Johnson症候群(SJS)/中毒性表皮壊死症(TEN)ならびに薬剤性過敏症症候群(DIHS)―早期診断と早期対応のポイント
    末木 博彦
  • 睡眠薬使用時の夜間異常行動について
    西田 慎吾,井上 雄一
  • 高血糖による糖尿病ケトアシドーシス,糖尿病昏睡―Olanzapine,quetiapine,clozapine,aripiprazoleについて
    佐倉  宏
  • 向精神薬による無顆粒球症,白血球減少―特にclozapine,risperidone,blonanserin,mianserinについて
    中谷 綾,岡本真一郎
  • 抗うつ薬による自殺のリスクの増加
    辻 敬一郎,田島 治
  • 抗精神病薬による遅発性錐体外路症状
    山本 暢朋,稲田 俊也

シリーズ・他

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    渡邊 崇,大曽根 彰,下田 和孝
  • 薬の使い方
    Risperidone持効性製剤を使いこなす 第7回
    • アドヒアランスの現状・認識とその対応:アドヒアランスの向上を目指したrisperidone持効性製剤の導入
      岩田 仲生

症例報告

  • 精神症状悪化による入院を契機に多剤大量投与例からaripiprazole内用液への切り替えを行うことにより精神症状の改善とアドヒアランスの向上をみた破瓜型統合失調症の1例
    岩本  敬,松田 芳人,中岡 清人
  • Risperidone持効性注射剤の有効性に差異をみたアドヒアランス不良の統合失調症の2症例
    竹林 佑人,稲見 理絵,鈴木 利人 他

資料

  • 統合失調症患者が示したaripiprazole内用液の「のみ心地」に関する検討
    長友 慶子,松尾 寿栄,三好 良英,他

Letters to the editor

  • 受容体から神経回路へのパラダイム・シフト
    長嶺 敬彦

鼎談

  • うつ病関連疾患(PSD,双極性障害)をめぐる最近の話題―シグマ-1受容体アゴニストの可能性を探る
    橋本 謙二(司会),平田 幸一,加藤 忠史

講演紹介

 DSフォーラム2010

  分科会1:ドパミン関連セミナー

    • 講演1:Blonanserinへの期待―本音を語ってもいいですか?
      木村 永一
    • 講演2:Blonanserinの多施設共同による臨床的有効性・安全性の検討
      住吉 秋次
    • 講演3:PETを用いた新規抗精神病薬blonanserinの評価
      舘野 周
    • 講演4:統合失調症に対するperospironeとaripiprazoleの無作為割付比較試験
      嶽北 佳輝

  分科会2:セロトニン関連セミナー

    • 基調講演:セロトニン1A受容体と統合失調症の認知機能および治療
      住吉 太幹
    • 講演1:うつ病性混合状態における不安・焦燥感対策の重要性
      片上 哲也
    • 講演2:症例からみるtandospirone―Add on薬としての可能性
      根本 清貴

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.