定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第14巻07号

月刊

臨床精神薬理 第14巻07号

2011年7月

《今月の特集:Rivastigmineのすべて》
2011年に入り、アルツハイマー型認知症の新しい治療薬が3剤たて続けに承認された。本特集ではそのうちrivastigmineについて、開発の経緯、薬理作用、臨床薬理学的特徴、臨床エビデンスや安全性について触れ、パッチ剤(貼付剤)として認可されたrivastigmineのすべてを解説した。

ISBN:978-4-7911-5165-3

【展望】
  • 新規抗認知症薬に求められるもの:認知症治療の新たな展開
    新井 平伊
  • Rivastigmineの開発経緯
    新井 哲明,朝田 隆
  • Rivastigmineの薬理作用――Dual actionへの期待
    田中 稔久,武田 雅俊
  • Rivastigmineパッチ剤(経皮吸収型製剤)の臨床薬理学的特徴
    繁田 雅弘
  • Rivastigmineのアルツハイマー型認知症における臨床エビデンス――国内開発臨床試験報告に基づく有効性,安全性,忍容性評価
    中村 祐
  • アルツハイマー病とrivastigmine:国外における有効性
    本間 昭
  • Rivastigmineの安全性
    田渕 肇,加藤元一郎

シリーズ・他

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    斎藤 摩美,小野 信,染矢 俊幸
  • 薬の使い方
    Risperidone持効性製剤を使いこなす 第11回
    • Risperidone持効性注射製剤と悪性症候群
      山下 徹,藤井 康男

原著論文

  • 非定型抗精神病薬による重度の認知症周辺症状(BPSD)の縦断的治療経過について――2症例報告を通して
    大野 篤志
  • Milnacipranの大うつ病患者の疼痛症状に対する治療効果
    端詰 勝敬,天野 雄一,佐谷健一郎,他
  • 急性期初発・再発統合失調症患者に対するaripiprazole単剤治療の有効性に関する検討
    森脇 正詞,岸 太郎,鈴木 竜世,他
  • 日本人の小児難治てんかんの部分発作に対するgabapentinの併用療法の有効性と安全性の検討
    大澤真木子,白坂 幸義,大塚 頌子,他
  • Risperidone持効性注射剤(RLAI)の導入により何が変わったか?――経口risperidone(RIS)からRLAIへの切り替えによる治療の単剤化の可能性について
    柴田 勲,丹羽 真一

症例報告

  • Blonanserinへの変更により過鎮静なく良好な経過が得られた統合失調症の4症例
    山田 浩樹,高山 悠子,池上 弓子,他
  • 他の第2世代抗精神病薬からperospironeないしはblonanserinへの切り替えが有効であった統合失調症患者の3例
    山本 暢朋
  • 社交不安障害と嘔吐恐怖症を併発したうつ病にmirtazapineが有効であった1例
    野呂 浩史,荒川和歌子

Letters to the editor

  • デポ剤と経口薬のランダム化比較試験を考える
    長嶺 敬彦

資料

  • 今日の統合失調症薬物治療におけるblonanserinの位置付け――神奈川県下におけるアンケート調査の結果より
    宮本 聖也,熊田 貴之,大久保善朗,他

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.