定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第15巻06号

月刊

臨床精神薬理 第15巻06号

2012年6月

《今月の特集:ADHDの薬物療法の最適化》
注意欠如・多動性障害(ADHD)について、併存障害と年齢、行動指標、神経心理学的指標、精神生理学的指標、脳画像、薬理遺伝学の観点から、テーラーメイド医療を可能にするバイオマーカーは存在するのか、その現在と到達点について紹介した。

ISBN:978-4-7911-5176-9

【展望】
  • ADHDの診断と治療に求められるバイオマーカーとは:Status quo & Potentialities
    稲垣 真澄,太田 英伸
  • ADHDの併存障害や発達段階に応じた薬物選択のエビデンスと実際
    渡部 京太
  • ADHDにおけるactigraphによる行動量評価と治療最適化への応用
    辻井 農亜,岡田 章,三川和歌子,他
  • 注意集中力検査を用いたADHD薬物療法の評価および質問紙を用いた休薬の試み
    山田佐登留
  • ADHDの神経心理学とテーラーメイド治療
    岡田 俊
  • ADHDの精神生理学的所見とそれに応じた薬剤選択の可能性
    根來 秀樹
  • 脳画像からみた注意欠如多動性障害(ADHD)の神経発達と神経発達に応じた薬物療法
    カラー図:脳画像からみた注意欠如多動性障害(ADHD)
    齊藤 卓弥
  • 薬理遺伝学からみたADHD治療の最適化
    杉本 篤言,遠藤 太郎,染矢 俊幸

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    藤平 明広,大曽根 彰,下田 和孝
  • 薬の使い方
    • Paliperidone徐放錠を使いこなす 第5回
      他剤からpaliperidone徐放錠への切り替え方法――Paliperidone徐放錠への切り替え試験と実践に関する考察
      山之内芳雄

原著論文

  • 統合失調症維持期を中心とした,非鎮静系抗精神病薬aripiprazole,blonanserinの比較――薬理学的特性から使い分けを考える
    髙木 学,岡久 祐子,児玉 匡史,他
  • 身体表現性障害に対するSSRIの有用性について(第3報)――Fluvoxamineとparoxetineの切り替え例の検討
    名越 泰秀,渡邉 明,黒田 友基,他

私が歩んだ向精神薬開発の道――秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第11回 国産初のoxazolo benzodiazepineの開発――oxazole環の存在をどう読む
    村崎 光邦

座談会

  • CRテクノロジーによる抗うつ薬の新しい世界
    中村 純(座長),Stephen M. Stahl,坂元 薫,張 賢徳
  • ADHDの遺伝学と薬力学
    Stephen V. Faraone,松本 英夫(司会),井上 祐紀,岡田 俊,齊藤 卓弥

講演紹介

  • 本院におけるうつ病の治療経験について――SSRIとSNRIとの比較を中心に
    兼本 浩祐
  • うつ・不安障害治療フォーラム:うつ病・不安障害治療における新規抗うつ薬の位置づけ
    • 講演1 新しい抗うつ薬と血中BDNF
      吉村 玲児
    • 講演2 高齢者のうつ病に対する薬物療法――増強療法が奏効した症例呈示を中心に
      岩崎 真三
    • 講演3 Mirtazapine:アドヒアランスへの道
      住吉 秋次
    • 講演4 うつ病と不安障害:その臨床的重要性について
      塩入 俊樹

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.