定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第15巻08号

月刊

臨床精神薬理 第15巻08号

2012年08月

《今月の特集:精神疾患の薬理学的理解を薬物治療や心理教育にどう生かすか》
薬物治療の根拠と理論について、事実として確かなことと、仮説的に推定されているにすぎないことを区別して整理した特集。それらを実際のせん妄、認知症、統合失調症、うつ病、双極性障害、不安障害、ADHDの薬物療法や心理教育にどう生かすかまとめた。

ISBN:978-4-7911-5178-3

【展望】
  • 薬物治療の根拠と理論:薬物治療と生物学的・薬理学的理解とのクロストーク
    渡部雄一郎,染矢 俊幸
  • せん妄の薬理学的および神経画像的理解と臨床への活用
    中村  純,吉村 玲児,守田 義平
  • 認知症の薬理学的理解と臨床への活用
    田中 稔久,武田 雅俊
  • 統合失調症の薬理学的理解と臨床への活用
    大森 哲郎
  • うつ病の生物学的・薬理学的理解と臨床への活用
    菅原 裕子,坂元  薫
  • 双極性障害の薬理学的理解と臨床への活用
    原田 豪人,山田 和男
  • 不安障害の薬理学的理解と臨床への活用
    越野 好文
  • ADHDの薬理学的理解と臨床への活用
    杉本 篤言,遠藤 太郎,染矢 俊幸

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    渡邊  崇,下田 和孝
  • 向精神薬の等価換算
    • 第24回 抗不安薬・睡眠薬の等価換算(その3):Eszopiclone
      稲垣 中,稲田 俊也

原著論文

  • 統合失調症患者におけるolanzapineのeffectiveness――CATIE試験の結果を踏まえた実地臨床での18ヵ月間の再検証
    赤羽 晃寿,山口 大介,浜市 修嘉 他
  • Aripiprazoleの使用実態下における安全性と有効性――統合失調症に関する特定使用成績調査結果より
    高山 智代,岩竹 紀明,近藤 正彦 他

症例報告

  • レビー小体型認知症に伴う行動症状と精神症状に対するblonanserinの有効性――4例報告
    高橋  淳,青木 建亮,宮川 正治
  • Olanzapineおよびquetiapineの適正使用推進への取り組み――プロトコルに基づく薬剤師による検査オーダ入力
    薄 雅人,山谷 明正,相宮 光二 他
  • メンタルクリニックにおけるmirtazapineの抗うつ薬としての位置づけ――実地医療における使用経験より
    稲田 泰之,福嶌謙太郎,萬代 正治 他

総説

  • 精神疾患治療に用いられる内服薬へのControlled Release Technologyの導入とその意義
    佐久間信至,加藤 正樹,木村 敏史 他

私が歩んだ向精神薬開発の道――秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第13回 Triazolo-benzodiazepine物語――その2 世界を制覇したalprazolam
    村崎 光邦

座談会

  • 統合失調症治療におけるquetiapineの可能性について
    武田 俊彦(司会),吉村 文太,原田 俊樹,氏家 寛,髙木 学,来住 由樹,佐藤創一郎

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.