定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第16巻06号

月刊

臨床精神薬理 第16巻06号

2013年06月

《今月の特集:ベンゾジアゼピンと処方薬依存を巡る問題》
わが国では諸外国に比べ、不眠や不安にベンゾジアゼピンが突出して用いられている。常用量依存に悩む当事者の声は大きく、医師が処方する向精神薬が依存の原因の2位になるなど、医師の意識の低さも問題になっている。ベンゾジアゼピンと処方薬依存を巡る問題について、救命救急や依存症専門病院等、第一線の方々による解説とともに対処法を紹介。

ISBN:978-4-7911-5188-2


三省堂書店楽天市場店この号は現在品切れですが三省堂書店オンデマンドでご購入いただけます。
右のバナーをクリックし、三省堂書店楽天市場店よりお買い求めください。

【展望】
  • 処方薬乱用・依存からみた今日の精神科治療の課題:ベンゾジアゼピンを中心に
    松本 俊彦
  • 各国におけるベンゾジアゼピンの使用動向とわが国の問題点
    尾﨑 茂
  • 救命救急センターからみた処方薬の問題――ベンゾジアゼピン系薬剤過量服薬を中心に
    井出 文子
  • 依存症治療専門病院における処方薬依存症の現状と課題――せりがや病院における治療経験から
    青山(上原)久美
  • ベンゾジアゼピン系薬物の依存の薬理
    伊藤 教道,千崎 康司,吉見 陽 他
  • 不安障害の薬物療法とベンゾジアゼピン依存――特に全般性不安障害とパニック障害に注目して
    田中 聡
  • 睡眠障害,気分障害治療ガイドラインにおけるベンゾジアゼピン
    稲田 健,高橋 結花,石郷岡 純
  • ベンゾジアゼピン依存に対する行動療法
    原井 宏明
  • <総説>ベンゾジアゼピンによる副作用と常用量依存
    戸田 克広

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    藤平 明広,大曽根 彰,下田 和孝
  • 薬の使い方
    • Blonanserinを使いこなす 第6回
      薬理学的プロファイルおよびメタ解析からみたblonanserinの有用性について
      岸 太郎

短報

  • 強迫症状がうつ病相に同期して出現し,躁病相・正常気分で消失した双極Ⅱ型障害の1例
    西中 哲也,小野 雄基,河田 隆介 他

講演紹介

  • 高齢者うつの病態と診療
    中村 祐

講演紹介

Aripiprazole発売6周年記念講演会

  • Session1 : Bipolar disorder
    • 双極性障害の神経生物学的基盤の理解を目指して
      加藤 忠史
    • 双極性障害のコラボラティブ・ケア――その実用的実施
      Gary S. Sachs(監訳/上野 修一)
  • Session2 : Schizophrenia
    • 統合失調症の病態解明と治療薬開発への展望
      岩田 仲生
  • Session3 : Challenges to better outcomes
    • 双極性障害における急性躁病エピソードおよび混合性エピソード患者の長期予後の最適化――個別化された定量化エビデンスに基づく治療
      Terence A. Ketter(監訳/中込 和幸)

私が歩んだ向精神薬開発の道――秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第23回 Azapirone物語――その2.見事に成功したtandospironeの物語
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.