定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第16巻10号

月刊

臨床精神薬理 第16巻10号

2013年10月

《今月の特集:双極性障害の精緻な薬物療法を求めて》
DSM-5が発表されたことにより双極性障害の治療に変化はもたらされるだろうか。本特集では、気分安定薬の定義を歴史的に展望し、薬物療法ガイドライン、治療アドヒアランスと心理教育、気分安定薬と抗精神病薬の比較、多剤併用の問題、ベンゾジアゼピン使用の是非、併存する不安障害の治療等、様々な点から双極性障害の治療の実態と問題点を探る。

ISBN:978-4-7911-5192-9

【展望】
  • 気分安定薬とはなにか——歴史的展望
    黒木 俊秀
  • 世界の双極性障害薬物療法ガイドラインとその限界
    仁王進太郎
  • 双極性障害における治療アドヒアランスと心理教育
    徳倉 達也,尾崎 紀夫
  • 躁病エピソード治療における気分安定薬と抗精神病薬の比較
    寺尾 岳
  • 双極性障害の薬物療法における多剤併用の問題
    菅原 裕子,大坪 天平
  • 双極性うつ病の問題点:抗うつ薬、ベンゾジアゼピン系薬剤の使用は是か非か
    村岡 寛之,稲田 健,石郷岡 純
  • 併存する不安障害をどう治療するか
    宮田 久嗣

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    渡邊 崇,下田 和孝
  • 薬の使い方
    • Blonanserinを使いこなす 第10回
      Blonanserinの実臨床における有用性について——統合失調症の急性期から維持期まで('recovery’達成を求めて)
      石垣 達也,住吉 秋次,青山 洋 他
    • Aripiprazoleを使いこなす 第3回
      統合失調症患者に対するaripiprazoleによる長期治療の有用性
      阿瀬川孝治

原著論文

  • Risperidone持効性注射剤の長期投与時の有効性,安全性および有用性——長期使用に関する特定使用成績調査結果
    若松 昭秀,津田 一宏,守田 和央 他

症例報告

  • 統合失調症合併妊婦に対するblonanserinの使用経験
    古瀬 研吾,橋本 恵理,齋藤 利和
  • 医療観察法病棟入院処遇中にclozapineによる無顆粒球症を併発した治療抵抗性統合失調症の1例
    須田 哲史,益田 裕介,重村 淳 他
  • 精神病症状を伴う産後うつ病に高用量のquetiapineが奏効した1例
    山木 愛久,毛利健太朗,白岩 恭一 他
  • 高齢者,身体合併症例の精神症状にtandospironeと抑肝散の併用療法が奏効した2症例
    江西 孝仁,井下 真利,橋本 直子 他

短報

  • 高用量のaripiprazole,quetiapineが有効であった遅発性パラフレニーの1例
    正山 勝

Letters to the editor

  • 抗精神病薬の「世代」別分類は妥当か?
    宮本 聖也

私が歩んだ向精神薬開発の道——秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第27回 SSRIの開発物語——その2.見事に生き残りに成功し,わが国で花開かせた世界初のSSRI,fluvoxamineの開発物語
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.