定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第16巻11号

月刊

臨床精神薬理 第16巻11号

2013年11月

《今月の特集:拒薬・服薬困難患者への対応》
本特集では、精神疾患における拒薬・服薬困難を引き起こす背景と今後の課題について展望し、統合失調症入院患者の拒薬に対する対応、精神科薬物療法における看護師の役割、認知症患者に対する対応、救急医療の現場における対応、拒薬・服薬困難患者に対する剤形選択、強制医療の倫理的側面など、様々な点について解説した。

ISBN:978-4-7911-5193-6

【展望】
  • 精神疾患における拒薬・服薬困難を引き起こす背景と今後の課題
    澤田 法英
  • 統合失調症入院患者における拒薬とその治療的対応
    三澤 史斉
  • ケア対象者のリカバリーを支える服薬支援と看護師の役割
    大橋 明子,萱間 真美
  • 認知症患者の拒薬に対する治療的対応
    櫻井 博文,羽生 春夫
  • 救急医療の現場における昏迷,拒食,拒薬
    八田耕太郎
  • 拒薬・嚥下困難などの患者に対する剤形の選択
    吉尾 隆
  • 精神科医療における強制医療は許されるか?
    北村 俊則,北村 總子
  • <症例報告>教育入院により拒薬と再入院の繰り返しから服薬と通院が可能になった統合失調症の1例
    渡部 和成

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    田尻美寿々,渡邉 純蔵,染矢 俊幸
  • 薬の使い方
    • Blonanserinを使いこなす 第11回
      統合失調症の維持期におけるblonanserinの有用性
      森 康浩
    • Aripiprazoleを使いこなす 第4回
      統合失調症治療におけるaripiprazoleへの切り替え方法
      中山 誠

原著論文

  • 統合失調症急性期病態に対するblonanserin(BNS)の治療有用性(第2報)――治療継続に影響を及ぼす要因の検討
    堤 祐一郎,春日雄一郎,伊坂 洋子 他
  • 急性期統合失調症患者におけるolanzapine単剤治療およびその他の抗精神病薬単剤治療の治療継続率についての検討――日常診療下における1年間の観察試験
    高橋 道宏,藤越 慎治,中原 直博 他

講演紹介

 Olanzapine全国学術講演会
  • 双極性障害セッション
    • 双極性障害の病態と治療
      阿部 隆明
  • 統合失調症セッション
    • 急性期治療を成功させるコツ
      矢田 博己
    • アドヒアランス改善の観点からみた薬物療法
      窪田 幸久

私が歩んだ向精神薬開発の道――秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第28回 SSRIの開発物語――その3.Fluvoxamineとsigma受容体作動作用の発見とその後の展開:sigma受容体の作動薬と拮抗薬の意義について
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.