定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第18巻04号

月刊

臨床精神薬理 第18巻04号

2015年04月

《今月の特集:心身症と周辺領域の治療戦略―薬物療法の位置づけと有効性―》
心身症概念は拡散しており、medically unexplained symptoms、身体苦悩症候群がある一方、精神科領域では身体表現性障害が近いものの、さらにその周辺疾患も存在する。とくに、薬物療法に関しては簡単な記載にとどまっている場合が多く、臨床家にとって役立つ情報となっていない場合が多い。そこで本特集では、この領域の概念の整理とこれらの疾患の治療、特に薬物療法に焦点を当てて、それぞれ気鋭の先生方に現状を解説していただいた。

ISBN:978-4-7911-5210-0


 第10回「臨床精神薬理」誌賞 発表


【展望】
  • 心身症概念の変遷:身体表現性障害(身体症状症および関連症群)から機能性身体症候群まで
    中尾 睦宏
  • 疼痛を主症状とする身体症状症(疼痛性障害)の治療戦略と薬物療法
    西村 勝治
  • 頭痛の治療戦略と薬物療法
    高嶋良太郎,加治 芳明,平田 幸一
  • 月経前症候群・月経前不快気分障害の病態と治療戦略
    大坪 天平
  • 摂食障害の治療戦略と薬物療法
    西園マーハ文
  • Maternity bluesの病態と社会心理および生物学的関連性
    岡野 禎治
  • 身体醜形障害の鑑別診断および心理的対応と薬物療法
    鍋田 恭孝
  • 口腔領域の非器質性慢性疼痛の治療戦略と薬物療法
    徳倉 達也,木村 宏之,尾崎 紀夫
  • <総説>死別反応の概念とその治療
    大谷 恭平

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    渡邊 崇,下田 和孝

講演紹介

第5回うつ・不安障害治療フォーラム テーマ:「最新のうつ病治療戦略」

  • 開会の辞
    村崎 光邦
  • 抗うつ薬の反応見極めのタイミング
    内田 裕之
  • “エビデンス×遺伝的背景”で考える日本人のうつ病治療
    加藤 正樹
  • 特別講演 不眠を合併したうつ病の治療
    George I. Papakostas(監訳/樋口 輝彦)
  • パネルディスカッション うつ病の治療戦略,Mirtazapineの臨床上の位置づけを考える
    司会/樋口 輝彦,石郷岡 純,
    パネリスト/内田 裕之,加藤 正樹,George I. Papakostas

私が歩んだ向精神薬開発の道―秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第45回 第二世代抗精神病薬の開発物語――Quetiapineの開発物語 その2:その創製から開発まで
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.