定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第18巻05号

月刊

臨床精神薬理 第18巻05号

2015年05月

《今月の特集:精神疾患・向精神薬と運転》
近年飲酒運転や危険ドラッグ服用後の運転による痛ましい事故が多発しており、2014年には道路交通法が改正・施行された。本特集では、精神疾患の諸症状が運転に及ぼす危険性や、向精神薬の服用が運転に及ぼす影響、添付文書記載の適正性などについて、現状を整理し展望した。

ISBN:978-4-7911-5211-7

【展望】
  • 向精神薬の服用と自動車運転
    松尾 幸治
  • 統合失調症や抗精神病薬に関連する自動車運転の現状と問題点
    櫻井 準
  • 気分障害と自動車運転:疾患と治療薬が運転技能に及ぼす影響
    宮田 明美,岩本 邦弘,河野 直子 他
  • てんかんと自動車運転
    川合 謙介
  • 認知症と自動車運転――医薬品とその使い方
    上村 直人,藤戸 良子
  • 過眠性疾患の運転問題と対応
    井上 雄一
  • 睡眠薬・抗不安薬の自動車運転に及ぼす影響
    三島 和夫
  • 危険ドラッグおよび依存性薬物の自動車運転に及ぼす影響
    舩田 正彦
  • アルコールの自動車運転へおよぼす影響
    伊藤 満,樋口 進

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    吉永 清宏,常山 暢人,染矢 俊幸

Letters to the editor

  • NIMHのResearch Domain Criteria (RDoC) Projectは新規向精神薬開発の突破口になりうるか?
    宮本 聖也

新薬紹介

  • うつ病およびパニック障害治療薬 塩酸セルトラリン:ジェイゾロフトOD錠25mg, 50mg, 100mg――うつ病治療におけるOD錠の有用性
    吉田 早苗

座談会

  • 双極性障害の早期適正診断/治療の重要性
    白川 治,井上 猛,大坪 天平,武島 稔,稲田 泰之

講演紹介

Aripiprazole発売8周年記念講演会

 1日目 リカバリーを進めるステージ別治療戦略

  • 演題1 統合失調症からのリカバリーを目指して―初発エピソードの患者における治療目標
    Benedictto Crespo-Facorro(監訳/宮本 聖也)
  • 演題2 双極性障害および統合失調症の急性期に対するaripiprazoleの使用について――臨床研究から日常診療へ
    Andrea Fagiolini(監訳/岩田 仲生)
  • 演題3 回復期・維持期の当事者主体の治療戦略
    丹羽 真一

 2日目 うつ病のリワーク

  • 演題1 いわゆる“現代型うつ病”患者の復職支援について
    徳永雄一郎
  • 演題2 うつ病に対する復職支援――産業医の立場から
    中村 純
  • 演題3 既存治療で十分な効果が認められないうつ病(大うつ病性障害:MDD)に対するaripiprazoleによる増強療法
    Changsu Han(監訳/上島 国利)

私が歩んだ向精神薬開発の道――秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第46回 第二世代抗精神病薬の開発物語――Quetiapineの開発物語
    その3:承認からその後に続いた展開
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.