定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物月刊 臨床精神薬理バックナンバー > 第18巻08号

月刊

臨床精神薬理 第18巻08号

2015年08月

今月の特集:国家的大規模研究から分かること、分からないこと
数万例・数十万例という大規模なデータベースをもとに説得力を持った研究が数々発表されてきている。本号では北欧や台湾、英国、米国、日本における大規模データベース研究について、それぞれの登録システムや各国の医療事情等を紹介し、大規模研究の意義と限界、これからの可能性・発展性を検討した。第2特集として不眠症治療の新薬suvorexantの全貌を紹介。

ISBN:978-4-7911-5214-8

【展望】
  • 大規模データベース研究の歴史,可能性と限界点
    渡辺 範雄
  • スウェーデンにおけるナショナルレジストリを用いた医学研究
    荒川 亮介
  • 台湾の国家的データベースを用いた研究
    坪井 貴嗣
  • 英国のGP(家庭医)における電子カルテのデータベースを用いた研究──世界最速かつ最大の電子カルテ普及国における大規模データベース利用の実情
    宗 未来
  • 大規模データとしてのメディケイドデータベース:アメリカ公的医療制度データの研究応用
    工藤 由佳,中川 敦夫
  • 米国の国家的大規模研究──STAR*DやSTEP-BDを例に
    中島振一郎
  • わが国における大規模研究J-CATIAから見えること
    馬場 元,新井 平伊
  • 日本におけるレセプト情報等を活用した精神疾患の臨床疫学研究:臨床データベース構築に向けて
    奥村 泰之,吉田 和樹

シリーズ

  • そこが知りたい 薬物療法Q&A
    篠崎 隆央,尾関 祐二,下田 和孝
  • 特集にあたって
    石郷岡 純
  • 睡眠覚醒制御におけるオレキシンおよびオレキシン受容体の機能
    櫻井 武
  • オレキシン受容体を標的とした不眠症の新たな治療アプローチ
    John J. Renger,Paul J. Coleman(監訳/戸田 康夫)
  • Suvorexantの薬物動態
    松井健太郎,石郷岡 純
  • Suvorexantの臨床効果
    井上 雄一

原著論文

  • Duloxetineの多施設共同による臨床的有効性・安全性・QOLの検討
    住吉 秋次,石垣 達也,青山 洋 他

総説

  • 精神科の患者に起こる薬の“非特異的”副作用と,それに対する治療的な試み──プラセボ効果とノセボ現象の理解を通して
    志村 宗生

私が歩んだ向精神薬開発の道——秘話でつづる向精神薬開発の歴史

  • 第49回 第二世代抗精神病薬の開発物語──大olanzapineの登場
    その3:Olanzapineの緊急安全性情報の教えたこと
    村崎 光邦

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.