定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)エッセイ・ライブラリー > ひきこもる思春期

こころのライブラリー (08)

ひきこもる思春期

ひきこもる思春期
ひきこもり問題にどう対処すればよいのか。本書では、犯罪行動との関わり、不登校の問題、訪問活動、全国調査のデータなどを取り上げ、現在考えられる限りの対応法を探る。編者らによる座談会では、ヴァレリーのひきこもり体験や、ひきこもりとPTSDとの関連など、ひきこもり問題に一石を投じるたいへんユニークな論を展開。
斎藤環編
本体価格 1,700 円 + 税 四六判 並製 232頁
ISBN978-4-7911-0475-8〔2002〕

Contents
「ひきこもり」の現在形 斎藤 環
  1. 著者の立場
  2. 「ひきこもり」の現状
  3. 病理とその対応
ひきこもりをめぐって(座談会) 斎藤 環 中井久夫 青木省三
――思春期心性のトポス――
ひきこもりの体験 
たまり場と待合室 
ひきこもりの歴史 
国際比較 
ひきこもりと成長 
ヴァレリーのひきこもり体験 
ひきこもりと訪問活動 
いじめのPTSD 
家庭内暴力について 
社会とのつながり
スチューデント・アパシーと社会的ひきこもり 笠原 嘉
  1. 大学生の無気力症
  2. 家族相談
  3. 優秀社員の退却症
  4. 対策として考えること
  5. 社会とは
ひきこもりと犯罪行動 小畠秀悟 佐藤親次
  1. ひきこもりと犯罪に関する最近の知見
  2. 事例と考察
  3. まとめ
広汎性発達障害とひきこもり 杉山登志郎
  1. 知的障害を伴う広汎性発達障害に見られるひきこもり
  2. 高機能広汎性発達障害と不登校
  3. 高機能広汎性発達障害と青年期のひきこもり
不登校とひきこもり 木村義則
  1. 症例から
  2. 三、考察 四、おわりに
家に行くまで 塚本千秋
  1. はじめに――ひきこもる青年の変化と対応の変化
  2. 同世代青年への訪問の依頼
  3. 精神科医による訪問
  4. おわりに――面接室の自由と訪問の自由
ひきこもり」の症状形成と時代精神 衣笠隆幸
  ――戦後五〇年の神経症症状の変遷の中で――
  1. 「ひきこもり」の定義
  2. 現代と「ひきこもり」
  3. 時代精神の変遷と神経症症状の変化
  4. 多彩な症状選択の背後にある無意識的葛藤
  5. おわりに――ひきこもりの臨床の特徴
「ひきこもり」問題とネットワークの課題 長谷川俊雄
  ――連携・協働の意義と可能性―― 
  1. 「ひきこもり」状態と「ひきこもり」問題
  2. ネットワークの現状と課題
  3. ネットワークへの期待――家族・地域の新たな創造へ向けて
「ひきこもり」の社会史 小俣和一郎
  1. 引きこもる「場所」
  2. 物理的な場所から見た「ひきこもり」
  3. 「ひきこもり」関連様態と「甘え」
  4. 「ひきこもり」の臨床的意味合い

「ひきこもり」についての疑問 高岡 健
  1. 「ひきこもり」をめぐる疑問
ひきこもりの現状と展望 倉本英彦
  ――全国の保健所・精神保健福祉センターへの調査から――
  1. 対象と方法
  2. ひきこもりの実態
  3. ひきこもりへの取り組み
二症例の引きこもり 西丸四方

「ひきこもり」について想う 秋元波留夫

「借り」を返したい 中塚尚子
―「ひきこもり」のささやかな治療論―
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

エッセイ・ライブラリー

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.