定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)ソ―シャルな治療 > 私は病気ではない

私は病気ではない(2004)(品切れ)

治療をこばむ心病める人たち

私は病気ではない
治療を拒む統合失調症の患者さんにいかに対応すべきか。本書は、数々の象徴的な事例をもとに、分かりやすく説明しています。病識を持たず治療を拒否するのは、疾病による脳の機能障害のためであり、闘うべき相手は脳疾患そのものであるとする本書は、患者さんに治療を受ける権利を保証するうえでも必読の1冊です。米国精神障害者家族会連合NAMIも推薦。
X.アマダー、A.L.ジョハンソン著  江畑敬介、佐藤美奈子訳
本体価格 2,000 円 + 税 四六判 並製 300頁
ISBN978-4-7911-0544-1〔2004〕
品切れ

上記書籍が10周年改訂版として出版されました。
病気じゃないからほっといて

そんな人に治療を受け入れてもらうための新技法LEAP

 ザビア・アマダー 著
 八重樫穂高、藤井康男 訳

 本体価格 2,400 円+ 税 
 四六判 並製 356頁
 ISBN978-47911-0931-9〔2016〕


Contents
第一章 概観
 
《第一部》なぜ病気を否認し、助けを拒むのか
   
第二章 あなたが思っているよりもっとたくさんの仲間がいるマット
第三章 触らぬ神にたたりなしで良いのでしょうか?
なぜ問題を見て見ぬ振りをしてはいけないのでしょうか
病識についての社会通念と事実
要約
第四章 敵を知る
病識の欠如の原因に関する研究
いつしか混乱に陥ってしまう自己概念
夫が自分の妻を帽子と間違えたとしたら……
脳の損傷は、比較的「修復」しやすい

《第二部》治療を受け入れるようにするためにはどのように援助するか

第五章 新しい方法
協力は最終目的であり、前提条件ではありません
治療同意の構築に向けた四つのステップ
  傾聴すること
  共感すること
  同意できることを見つけること
  協力関係をつくること
第六章 傾聴すること
第一歩 傾聴すること
どのように傾聴し理解するか
傾聴するためのガイドライン
  時間を設定する
  話しの筋書きを取り決める
  自己と病気についての確信に耳を傾ける
  反論しない
  混乱を受け入れる
  耳にしたことを話し手に問い返す
  書き留める
耳を傾けていない例
 一、時間を設定したか?
 二、話しの筋書きに対する同意は取りましたか?
 三、自己と病気についての確信に耳を傾けていたか?
 四、反論はしなかっただろうか?
 五、混乱は混乱のままに受け入れていたか?
 六、耳にしたことを話し手に問い返しているか?
 七、マットが言わなければならなかったことを書き留めていたか?
効果的な傾聴
 一、時間を設定したか?
 二、話しの筋書きに対する同意は取りましたか?
 三、自己と病気についての確信に耳を傾けていたか?
 四、反論はしなかっただろうか?
 五、混乱は混乱のままに受け入れていたか?
 六、耳にしたことを話し手に問い返しているか?
 七、書き留めていたか?
要約
第七章 共感すること
共感を伝える
ドロレス
要約
第八章 同意できることを見つけること
チャンスの窓の発見と活用
要約 
第九章 協力関係をつくること
マット
ドロレス
ヴィッキー

《第三部》強制入院させるべきか否か

第十章 強制入院を決断する時
曖昧な態度と罪悪感の解消
警告サインの見極め
要約
第十一章 強制入院をどのように行うか
フィルがすべきだったこと
危機介入移動チーム探しとその利用
病状評価
警察への連絡
第十二章 裏切られ感への対応
裏切られ感を誠実さへ
一、後悔
二、危惧
三、行動
四、許しと理解を求める

《第四部》事態が平常に戻った時
第十三章 協力関係の維持と治療の継続
第十四章 心得ておくべき手段
     組織
     その他の手段
〈補遺〉 治療同意を得るための態度と考え方に関するチェックリスト(ABC)
メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

ソ―シャルな治療

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.