定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)ソ―シャルな治療 > 脱入院化時代の地域リハビリテーション

脱入院化時代の地域リハビリテーション

脱入院化時代の地域リハビリテーション
10年間で7万2千人を退院させる計画の新障害者プランも始まり、わが国も社会的入院の解消の方向へ本格的に動き出しつつある。
この変革期のいま、地域リハビリテーションをさまざまな側面から整理・検討し、今後の課題を明らかした本書は、これからの脱入院化時代への実際的な指針となるだろう。
江畑敬介著
本体価格 2,500 円 + 税 A5判 上製 128頁
ISBN978-4-7911-0512-0〔2003〕

Contents
第1章 精神障害リハビリテーションの立脚点
――トータル・リハビリテーションを目指して――
I.はじめに
II.医学的リハビリテーションと治療
III.医学的リハビリテーションの奏効機転
IV.リハビリテーションと社会復帰と福祉
第2章 精神障害リハビリテーションにおける生物学的視点
I.はじめに
II.統合失調症のシステム論的生成モデル
III.統合失調症の認知障害モデル
IV.リハビリテーションの奏効機転
V.薬物療法と心理社会的療法
VI.抗精神病薬の認知障害および陰性症状への効果
第3章 精神障害リハビリテーションにおける評価の方法に関する実践的理論
I.評価の目的
II.評価の構成要素
III.評価される対象
IV.評価される内容
V.評価者
VI.評価の技法
VII.時間的要素
第4章 精神疾患における疾病性と障害性
I.精神疾患における疾病と障害との関係
II.治療モデルとリハビリテーション・モデル
III.リハビリテーションと福祉
IV.統合失調症の再発の防止
1.再発のメカニズム 2.再発要因 3.再発予防方法
第5章 精神障害に対する自己対応技法
I.はじめに
II.疾病に対する態度は予後に影響するか
III.患者と疾病との相互作用
IV.自己対応機制の実際
V.ジュルウォルトらの自己対応技法
第6章 病院リハビリテーションと地域リハビリテーション
I.精神科入院患者の実態
II.リハビリテーションの意義
III.病院リハビリテーションの実際
IV.地域リハビリテーション
V.病院リハビリテーションと地域リハビリテーション
VI.おわりに
第7章 地域における精神保健福祉活動――保健師の役割
I.はじめに
II.活動レベル
1.個人レベル 2.家族レベル 3.地域諸団体レベル 4.政治・行政レベル
III.保健師と精神保健福祉士との役割関係
IV.おわりに
第8章 精神保健コンサルテーションが依頼者集団に受容される過程
I.はじめに
II.方法
1.コンサルテーションを実施した施設の概要 
2.コンサルテーション・サービス導入の背景 
3.コンサルテーション・サービスの概要 
4.コンサルテーションの分析方法
III.結果
1.コンサルテーションの全体的特徴 
2.コンサルテーションの受容過程に関する分析
IV.考察
V.おわりに
第9章 精神保健福祉法第23条の運用の実態とその問題点
I.はじめに
II.方法
1.質問紙調査法 2.事例呈示
III.結果
1.質問紙調査法 2.事例呈示
IV.考察
V.まとめ
第10章 医療社会資源の上手な使い方 ――医療の立場から――
I.はじめに
II.生物‐心理‐社会的疾病モデルから見た医療社会資源
III.リハビリテーション・モデルから見た医療社会資源
IV.福祉モデルから見た医療社会資源
V.保健の立場から
VI.ネットワークの形成
VII.おわりに
第11章 地域精神医学・医療と倫理
I.地域精神医療の発展の背景
II.地域支援ネットワークの形成と守秘義務confidentiality
1.守秘義務の歴史 2.守秘義務の概念と目的 
3.地域精神医療における各職種の守秘義務の法的・行政的基盤 
4.秘密漏泄罪の違法性が阻却される事由 
5.諸外国における精神保健医療分野での患者情報の取り扱われ方 
6.家族からの情報要請と守秘義務との関係について
III.地域精神医療におけるインフォームド・コンセント
1.訪問相談 2.訪問診察

文献
初出一覧

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

ソ―シャルな治療

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.