定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)各種療法 > 神経質性格、その正常と異常

大原健士郎選集(1)

神経質性格、その正常と異常

森田療法入門

神経質性格、その正常と異常
森田療法の第一人者の名著復刻シリーズ第1弾! 新たな章も加わり、森田正馬の理論と治療を科学的にわかりやすく解説する。森田がいかにして森田療法を創り、どのように実施したか、また、その生き方や生涯を興味深いエピソードとともに紹介する。神経質性格で悩む人にも、援助・治療者にも適した森田療法入門!(「森田療法における言葉の辞典」付き)
大原健士郎
本体価格 2,300 円 + 税 四六判 上製 256頁
ISBN978-4-7911-0647-9〔2007〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
序章 森田正馬(もりたまさたけ)の業績
  はじめに
  森田療法以外の森田の業績
   1 作業療法(生活療法)の創始者
   2 祈祷性精神病と迷信の研究
  森田療法の創始
   1 試行錯誤の連続 
   2 治療対象となった「神経質」
  森田理論
   1「ヒポコンドリー性基調・精神交互」説
   2「生の欲望」と「死の恐怖」説
  森田療法の実際
  おわりに
第一章「神経質」と「神経症」の違いを知る
   一 試行錯誤、改良を繰り返し、完成に
     日本独自の精神療法「森田療法」
     森田療法と禅
   二 特殊療法として誕生
     「神経質」を病気と考えない
     森田神経質の特徴と分類
   三 「生の欲望」という概念
     誰でも持っている欲望
     方向性が変わると「死の恐怖」に
   四 森田理論は理解容易な理論
     神経質とヒステリーの素質
     発病に重要性を持つヒポコンドリー性基調
     症状の発展に決定的な精神交互作用
     思想の矛盾
     発生に関わるその他の因子
     「とらわれ」の心理機制
第二章 森田療法が「神経症」を治す理由
   一 精神身体同一論
     呉秀三(くれしゅうぞう)の影響と協力
     安静療法と訓練療法の組み合わせ
     「あるがまま」の定義
   二 入院式森田療法の実際
     患者を入院させる部屋
     第一期 絶対臥褥(ぜつたいがじょく)療法
     第二期 軽作業期
     第三期 中作業期
     第四期 入院治療総仕上げ期
   三 森田療法の特色、日記指導
     簡明な日記評
     日記に現れた症例??不安発作
   四 治療者を中心とした座談会
     座談会の主旨、目的
     患者の自助組織「形外会」の記録
   五 外来式森田療法の治療
     外来の問題点
     症例一 赤面恐怖
     症例二 不安神経症
     症例三 不眠
   六 驚くべき高率の治癒率
     アイゼンクの批判
     森田の完全な治癒像 
     「くさみ」のある人間像
     「神経質」を実生活にいかす方向性
第三章 創始者森田正馬を知る
   一 完成された神経質の人
     森田の生い立ちと家族関係
     父、正文の性格特徴
     母、亀が与えた影響
     妻、久亥(ひさい)の努力
   二 自然に逆らわずに生きる
     「純な心」の持ち主ほどよく治る
     徹底した合理主義(理論家)
     好奇心が強い探求人
     粘着質の負けず嫌い
     暖かい人間愛
     複雑な神経質
   三 成長過程における神経症体験
     留年、家出、不安発作
     画期的な治療を開始
     森田療法治療第一号患者の誕生
補章 森田療法における言葉の辞典
メールマガジン登録・解除
 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
各種療法

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.