定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)トピックス・ノンフィクション > 糖尿病はグルカゴンの反乱だった

糖尿病はグルカゴンの反乱だった

インスリン発見後、なぜ未だに糖尿病は克服できないのか

糖尿病はグルカゴンの反乱だった
目次・本文閲覧
糖尿病は、身体がインスリンを失ったためではなく、グルカゴンをコントロールできなくなった結果である。
本書は、糖尿病発症の従来の考えを整理しつつ、さまざまな実験を通して明らかになってきたホルモン・グルカゴンの血糖上昇に及ぼす影響をその作用機序からわかりやすく解説。インスリンの欠乏が糖尿病の唯一無二の原因とみなされてきたこれまでの常識を大きく覆し、糖尿病の病態理解にパラダイムチェンジをもたらす画期的内容。今まで「インスリンドグマの壁にはばまれて姿の見えなかった真犯人がグルカゴンである」という未だかつてどの教科書にも書かれたことのない糖尿病の地殻変動を解説する。グルカゴンをターゲットにした治療薬の臨床試験の足音がすぐそこまで聞こえてきている。
稙田太郎 著
本体価格 1,700 円 + 税 四六判 並製 192頁
ISBN978-4-7911-1010-0〔2019〕
こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

Contents
第1章 グルカゴンのプロフィール
第2章 糖尿病におけるグルカゴンの再発見
第3章 ホルモンとしてのグルカゴン
第4章 糖尿病とグルカゴン
第5章 膵島内の混乱(パラクリノパシー)
第6章 グルカゴンの過剰はすべてのタイプの糖尿病に存在する
第7章 グルカゴンルネッサンス
第8章 グルカゴンが無ければ糖尿病にならない
第9章 変わる糖尿病治療:グルカゴン抑制薬の最前線
附) グルカゴンの抑制につながる食事の摂り方

糖尿病をすばらしく生きるマインドフルネス・ガイドブック

J・A・グレッグ、S・C・ヘイズ 他著、熊野宏昭、野田光彦 監訳

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

トピックス・ノンフィクション

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.