定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)ストレス・メンタルヘルス > プレゼンティーイズム

プレゼンティーイズム

その意義と研究のすすめ

プレゼンティーイズム
目次・本文閲覧
近年,わが国でも病気を持つ労働者の増加によりプレゼンティーイズム(狭義は「健康問題に関連した労働生産性損失」)への関心が高まってきている。今後,高齢者の増加,がん等の治療の進歩による辞職しない人の増加,うつ病・適応障害・発達障害などの増加により,さらなる増加が予想される。本書は,プレゼンティーイズムを「健康問題を持ちながら出勤している状態」と広く捉え,この状態が労働者個人やその家族,企業,社会にとってどのような意義を有するのか,という広い視点からみることを提唱する。そして,これまでの主に欧米の研究をわかりやすく紹介しながら,プレゼンティーイズムの意義とわが国での研究の必要性を具体的に説く。プレゼンティーイズムに関心をもつすべての人に。
武藤孝司 著
本体価格 2,600 円 + 税 A5判 上製 148頁
ISBN978-4-7911-1018-6〔2019〕

こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋
Contents
第1章 プレゼンティーイズム研究の歴史
第2章 プレゼンティーイズムの定義
第3章 プレゼンティーイズムの測定方法
第4章 健康問題を持ちながら出勤する理由
第5章 健康問題を持ちながらの出勤の影響
第6章 疾患とプレゼンティーイズムとの関連
第7章 生活習慣とプレゼンティーイズムとの関連
第8章 プレゼンティーイズムへの対応策
第9章 疾患ごとのプレゼンティーイズム対策
第10章 プレゼンティーイズム研究の課題
第11章 プレゼンティーイズム研究のすすめ

ワーク・エンゲイジメント入門
W・B・シャウフェリ/P・ダイクストラ 著、島津明人/佐藤美奈子 訳

ワーク・エンゲイジメント
A・B・バッカー/M・P・ライター 編、 島津明人 総監訳、井上彰臣/大塚泰正/島津明人/種市康太郎 監訳

マインドフルにいきいき働くためのトレーニングマニュアル
P・E・フラックスマンほか 著、武藤崇/土屋政雄/三田村仰 監訳

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

ストレス・メンタルヘルス

本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.