定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)薬物療法・精神薬理 > 専門医のための臨床精神神経薬理学テキスト

専門医のための臨床精神神経薬理学テキスト

専門医のための臨床精神神経薬理学テキスト
目次・本文閲覧
臨床精神神経薬理学は、薬物治療の安全性を高め、効果を最大にするために、適切な薬剤を適切な対象群に適切な量および方法で投与するための学問である。本書は、臨床精神神経薬理学専門医をめざす若手医師が臨床精神神経薬理学の基本的な知識と技術を習得するための教本である。内容は薬物動態学、薬力学、ゲノム薬理学、有害事象、薬物相互作用のメカニズムなどの基本的な知識から各種精神疾患の薬物治療アルゴリズムまで現時点での精神科薬物治療・臨床精神神経薬理学に関わるあらゆる側面にわたっている。すでに専門医を取得している方や指導医にとっても知識の整理に役立つ内容となっている。『臨床精神神経薬理学テキスト 改訂第3版』を引き継ぎながら一新したニューテキスト。
日本臨床精神神経薬理学会専門医制度委員会 編集
下田和孝古郡規雄 責任編集
本体価格 6,800 円 + 税 B5判 並製 448頁
ISBN978-4-7911-1074-2〔2021〕

こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

Contents
I 臨床薬理学総論
臨床精神神経薬理学とは/薬物療法と社会/脳内における神経情報伝達のメカニズムの基礎/向精神薬の作用メカニズム/向精神薬の開発/臨床薬物動態学/時間薬理学/薬物動態・薬力学における個人差/薬物相互作用/薬物有害反応
II 薬物治療学総論
動態理論の治療への応用/妊娠および授乳中の薬物投与計画/小児における薬物投与計画/高齢者における薬物投与計画/腎障害時における薬物投与計画/肝障害時における薬物投与計画/心不全時における薬物投与計画/糖尿病とメタボリックシンドローム/臨床精神神経薬理学におけるEBM
III 薬物治療学各論
種類,作用機序,適用,使用法,薬物治療ガイドライン/抗うつ薬と抗不安薬/抗精神病薬/双極性障害の治療薬/他の薬物,治療/精神薬理学的治療/新薬開発の展望―抗精神病薬を中心に
付録
わが国で処方できる向精神薬リストと薬物動態プロフィール/わが国で処方できる抗精神病薬,抗うつ薬の受容体作用プロフィール/向精神薬の等価換算

こころの治療薬ハンドブック 第13版

井上猛/桑原斉/酒井隆/鈴木映二他 編

精神科薬物療法に再チャレンジ

日本臨床精神神経薬理学会 監修、寺尾岳 編

そこが知りたい精神科薬物療法Q&A

染矢俊幸/下田和孝/渡部雄一郎 編

向精神薬開発秘話

村崎光邦 著

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

薬物療法・精神薬理

本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.