定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)精神科臨床 > DIEPSS(英語版)

DIEPSS(英語版)

A second-generation rating scale for antipsychotic-induced extrapyramidal symptoms :  Drug-induced Extrapyramidal Symptoms Scale

DIEPSS(英語版)
目次・本文閲覧
精神科領域の評価尺度はまさにSSRI(Simple, Sensitive, and Reliable Instrument;簡便で感度が高く信頼性の高い計器)が求められる時代である。第2世代抗精神病薬の時代の第2世代薬原性錐体外路症状評価尺度DIEPSSは1994年以来、伝統と創造の国、日本で広く使用され、確かなエビデンスが蓄積されてきたSSRIであるが、いまその真価が発揮され、東アジア諸国、そして世界で使用される時代が到来した。わが国で4000名以上の読者が手にして学んだあの日本語版DIEPSS解説書「薬原性錐体外路症状評価尺度の評価と診断」の増補改訂版である本書が、時代と世界の要請に応じて、ついに英語版で刊行された。
MADRS、YMRS、BPRS、SDSS、BAS、IDS-C、DIGSなど精神科領域の主要評価尺度日本語版を確立してきた著者が、DIEPSS解説書日本語版では紹介していないDIEPSS開発の契機となる、定型抗精神病薬時代に開発された「第1世代」錐体外路症状評価尺度の日本語版開発を断念した経緯を本書であかしている。子供銀行発行の壱万円札が流通業界では通用しないように、もはや形だけのスコア集めは臨床研究の世界では通用しなくなった。
稲田俊也  著
本体価格 3,800 円 + 税 B5判 並製 80頁
ISBN978-4-7911-0722-3〔2009〕

DIEPSS(英語版)《電子書籍版》
電子書籍
DIEPSS(英語版)《電子書籍版》
M2PLUS eBook Store からご購入ください。

Contents
1. Process of Development of the DIEPSS
  1. Before the development of the DIEPSS in Japan
  2. Suspension of the development of a Japanese version of the SAS
  3. Suspension of the development of a Japanese version of the ESRS
  4. Establishment of the DIEPSS
  5. Advantage of using the DIEPSS
2. General comments for using the DIEPSS
  1. Each evaluation should be made independently
  2. The highest anchor point should be chosen
  3. The severest symptoms should be evaluated
  4. Repeat evaluations should be made at the same time of day
  5. How to handle the rating ‘1 (minimal, questionable)’
  6. How to handle EPS not of drug-induced origin
  7. Differentiation between the continuous and intermittent states
3. DIEPSS Individual Items
  1. Subclassification
  2. Parkinsonism
  3. Akathisia
  4. Dystonia
  5. Dyskinesia
  6. Overall Severity of Extrapyramidal Symptoms
4. Reliability of the DIEPSS
  1. Inter-rater Reliability
  2. Test-retest Reliability
  3. Training Utilities
5. Validity of the DIEPSS
  1. Factor Structure
  2. Concurrent Validity
  3. Evaluation of Optimal Cut-Off Scores
  4. Predictive Validity
6. Clinical application of the DIEPSS
  1. Comparison of EPS profiles between typical and atypical antipsychotics
  2. Preventive Strategies for EPS using the DIEPSS
  3. Other clinical and biological studies
Appendix
  1. Japanese version
  2. Chinese version
  3. Taiwanese version
  4. Korean version
  5. English version

HAMDを使いこなす

稲田俊也 編 稲田俊也、佐藤康一、山本暢朋、稲垣中、八木剛平、中根允文 著

DIEPSSを使いこなす

稲田俊也 著

大うつ病性障害の検証型治療継続アルゴリズムSTAR*その臨床評価とエビデンス

【編者】 稲田俊也 【著者】 稲田俊也 山本暢朋 佐藤康一 藤澤大介 稲垣中

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

精神科臨床

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.