定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)気分障害・うつ病/強迫性障害 > 大うつ病性障害の検証型治療継続アルゴリズムSTAR*D (Sequenced Treatment Alternatives to Relieve Depression):その臨床評価とエビデンス

大うつ病性障害の検証型治療継続アルゴリズムSTAR*D (Sequenced Treatment Alternatives to Relieve Depression):その臨床評価とエビデンス

大うつ病性障害の検証型治療継続アルゴリズムSTAR*D (Sequenced Treatment Alternatives to Relieve Depression):その臨床評価とエビデンス
目次・本文閲覧
本書は,米国の公的研究費助成を得て,2003年から実施された大うつ病性障害の薬物療法に関する検証型治療アルゴリズムSTAR*D研究プロジェクトの全貌を紹介した書籍である。このSTAR*D研究プロジェクトで得られた臨床エビデンス,及びこれらの臨床エビデンスを活用した治療ガイドラインの改訂例を紹介するとともに,実際にSTAR*D研究プロジェクトでうつ病の重症度評価に使用された評価尺度(IDS-C,QIDS-SR,およびSTAR*D版SIGH-D)の,信頼性・妥当性の確立された日本語版を完全収録し,ここに一挙に公開する。
【編者】 稲田俊也
【著者】 稲田俊也 山本暢朋 佐藤康一 藤澤大介 稲垣中
本体価格 2,800 円 + 税 A4判 並製 80頁
ISBN978-4-7911-0773-5〔2011〕

Contents
Ⅰ.STAR*Dアルゴリズムの概要
はじめに/このアルゴリズムの目的/対象患者/各治療レベルの概要/治療効果の判定方法/ 各レベルでの治療結果/STAR*Dアルゴリズムの展開/STAR*Dアルゴリズムの臨床的意義
Ⅱ.STAR*Dアルゴリズムの臨床評価
IDS-C/STAR*D版SIGH-D/QIDS‐SR
【付録】
HAM-D/IDS-C併用評価用構造化面接 日本語版/STAR*D版SIGH-D /自己記入式簡易抑うつ症状尺度 日本語版

HAMDを使いこなす

稲田俊也 編 稲田俊也、佐藤康一、山本暢朋、稲垣中、八木剛平、中根允文 著

DIEPSSを使いこなす

稲田俊也 著

DIEPSS(英語版)

稲田俊也 著

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂

気分障害・うつ病/強迫性障害

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.