定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)認知行動療法・マインドフルネス・ACT > ふだん使いのCBT

ふだん使いのCBT

10分間でおこなう認知・行動介入

ふだん使いのCBT
目次・本文閲覧
限られた診療時間において,効果の実証された認知行動療法(CBT)を行うことは可能だろうか? 

本書で提唱する“一口サイズ”の介入モデルは,治療全体が厳格に定められたプログラムを脱却し,CBTの要素を選んで通常の薬物療法や心理療法に取り入れることができる。高い有効性が期待できる技法を用いながらも限られた時間内に収められるよう工夫され,CBTに精通した治療者が実施することでその効果を発揮する。本書には臨床ですぐに使えるマテリアルやアイデアが満載されており,対象もパニック症,うつ病,全般性不安症,社交不安症,不眠症と多岐にわたる。
現場のニーズに応える新たなCBTのスタイル。様々な場面での応用が期待される。
マイケル・W・オットーナオミ・M・サイモンブンミ・O・オランジシャロン・C・ソンマーク・H・ポラック 著
堀越勝髙岸百合子 監訳
髙岸百合子中嶋愛一郎大江悠樹牧田潔蟹江絢子 訳
本体価格 3,600 円 + 税 A5判 並製 320頁
ISBN978-4-7911-1061-2〔2020〕

こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

Contents
第1章 はじめに
第2章 CBTの実施
第3章 認知的介入
第4章 活動と曝露の課題
第5章 追加できる治療技法:問題解決技法とリラクセーショントレーニング
第6章 パニック症のCBT
第7章 うつに対するCBT
第8章 全般性不安症のCBT
第9章 社交不安症のCBT
第10章 不眠症のCBT
第11章 ケースコンサルテーション:CBTと薬物療法
付録 記入用紙と配付資料

ウェルビーイング療法

J・A・ファヴァ 著、堀越勝 監修、杉浦義典/竹林由武 監訳ほか

家族と取り組む強迫性障害克服ワークブック

K・J・ランズマン 他著、堀越勝 監訳、蟹江絢子 他訳

不安や心配を克服するためのプログラム:治療者用ガイド

R・E・ジンバーグ 他著、伊豫雅臣 監訳、沖田麻優子 訳

認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版

J・S・ベック 著、伊藤絵美/神村栄一/藤澤大介 訳

認知療法全技法ガイド

R・J・リーヒィ 著、伊藤絵美/佐藤美奈子 訳

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

認知行動療法・マインドフルネス・ACT

本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.