定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)不安障害・パニック > 不安や心配を克服するためのプログラム:治療者用ガイド

不安や心配を克服するためのプログラム:治療者用ガイド

不安や心配を克服するためのプログラム 治療者用ガイド
目次・本文閲覧
本書は,『不安や心配を克服するためのプログラム:患者さん用ワークブック』を使いこなしたい治療者のためのガイドブックです。
このプログラム(「不安や心配を克服するためのプログラム」)は,全般性不安障害(全般不安症)をもつ人やその傾向のある人が,不安や心配を克服する方法を学ぶためのプログラムで,十数回のセッションに分けて提供され,個人でも少人数のグループでも行えるようにつくられています。
プログラムを実施するにあたって,患者さん用ワークブックと合わせて,本書を手引書として使うことにより,より効果的な治療がめざせます。
本書は認知行動療法の手法に基づいて書かれており,初学者でも十分使用可能な内容です。
患者さん用ワークブックの各章に沿って,セッションの概要や検討すべき原則とポイント,ケーススタディ,典型的な例と問題となる反応など,具体的にこまやかに解説されています。

リチャード・E・ジンバーグミッシェル・G・クラスケデイビッド・H・バーロウ 著
伊豫雅臣 監訳
沖田麻優子 訳
本体価格 3,200 円 + 税 A5判 並製 220頁
ISBN978-4-7911-0978-4〔2018〕
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋


Contents
第1章 治療者がはじめに理解しておくとよいこと
第2章 不安と全般性不安障害(全般不安症:GAD)の本質
第3章 治療の概略と基本原則
第4章 全般性不安障害(全般不安症:GAD)とは
第5章 不安のモニタリング法を身につける
第6章 不安の持つ役割,機能
第7章 GADをもう少し詳しく知る
第8章 リラックスするための方法
第9章 不安を引き起こす思考をコントロールする(1)――危険を過剰に予測する癖
第10章 不安を引き起こす思考をコントロールする(2)――最悪の事態を考えてしまう癖
第11章 心配するという行動の本質をつかむ――恐れに向き合うということ
第12章 恐れを乗り越え,行動する
第13章 実際の問題に向き合う――タイムマネージメント,目標設定,問題解決へのヒント
第14章 薬物療法とこのプログラムとの関係
第15章 このプログラムの成果とあなたの将来

不安や心配を克服するためのプログラム:患者さん用ワークブック

ミッシェル・G・クラスケ、デイビッド・H・バーロウ 著 伊豫雅臣 監訳 沖田麻優子 訳

認知行動療法の科学と実践

D.M.Clark、C.G.FairBurn編 伊豫雅臣監訳

精神疾患の薬物療法ガイド

稲田俊也〔編集・監修〕稲垣中、伊豫雅臣、尾崎紀夫〔監修〕

慢性疼痛の治療:治療者向けガイド

ジョン・D・オーティス 著 伊豫雅臣、清水栄司 監訳


慢性疼痛の治療:患者さん用ワークブック

ジョン・D・オーティス 著 伊豫雅臣、清水栄司 監訳

強迫性障害への認知行動療法

ポール・サルコフスキス 著 小堀修、清水栄司、丹野義彦、伊豫雅臣 監訳

ギャンブル障害の治療:治療者向けガイド

Robert Ladouceur,Stella Lachance 著 椎名明大、長谷川直、伊豫雅臣 訳

ギャンブル障害の治療:患者さん向けワークブック

Robert Ladouceur,Stella Lachance 著 椎名明大、長谷川直、伊豫雅臣 訳

過感受性精神病

伊豫雅臣、中込和幸 監修


不安の病

伊豫雅臣 著

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

不安障害・パニック

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.