定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)エッセイ・ライブラリー > 統合失調症が秘密の扉をあけるまで

統合失調症が秘密の扉をあけるまで

新しい治療法の発見は、一臨床家の研究から生まれた

統合失調症が秘密の扉をあけるまで
目次・本文閲覧
統合失調症に対する新しい治療法の発見
統合失調症に対するピリドキサミンによる医師主導治験が始まった。未承認薬による医師主導治験では精神科領域で初めてのことである。一人の患者さんとの出会いから、遺伝子のフレームシフト変異が見つかり、カルボニルストレスの発見に至る。大規模な遺伝子解析では到底たどり着けない発見であり、統合失調症という混沌とした症候群を解明するためには、個別の症例に立ち返る研究こそが必要なのである。この信念のもと、著者はピリドキサミンによる治験を開始する。そして驚くべき結果が!!
本書は、臨床と研究の二つの世界を行き来しながら統合失調症の解明に挑む著者の活動を綴ったものである。睡眠時間を極限まで削っての治験の日々。ピリドキサミンが国に承認されることを待ち望んでいる患者さんと治療者たちのことを胸に抱き、著者は今日も夜明け前の研究室の扉を開けるのである。
糸川昌成(東京都医学総合研究所)著
本体価格 1,400 円 + 税 四六判 上製 132頁
ISBN978-4-7911-0866-4〔2014〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
第1章 数を集めれば真実が見える?
第2章 大規模研究の罠
第3章 臨床的な、あまりに臨床的な
第4章 ビタミンB6による治療の可能性が見えてきた!
第5章 奇跡の朝
第6章 希望を託して
付 記 統合失調症のカルボニルストレス説がわかる

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

エッセイ・ライブラリー

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.