定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)発達症/発達障害(自閉症・ADHD) > ハイパーアクティブ:ADHDの歴史はどう動いたか

ハイパーアクティブ:ADHDの歴史はどう動いたか

ハイパーアクティブ:ADHDの歴史はどう動いたか
目次・本文閲覧
ADHDと診断される人の数は世界的にみても増加の一途をたどっている。この急増の原因は何だろうか。著者はこの病態が歴史的に医学界でどのように扱われてきたかを丁寧に読み解く。多動衝動性障碍、器質的脳症候群、行動化、微細脳損傷、児童期の多動性反応、微細脳機能不全、注意欠如障碍(ADD)、注意欠如・多動性障碍(ADHD)など、その用語も様々である。世界規模での時代のうねりに揉まれ、文化的背景に彩られ、ADHDの歴史がどのように動いたのか──壮大なストーリーで、様々な要因がからみあう様が、謎解きのような面白さで描かれる。まさにADHDの歴史を描いた決定版。ADHDについて一挙に理解を深めることができる。ADHDの知識を整理するのにも最適な一冊。
マシュー・スミス 著
石坂好樹花島綾子村上晶郎 訳
本体価格 2,700 円 + 税 四六判 上製 392頁
ISBN978-4-7911- 0965-4〔2017〕
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋


Contents
序論 なぜ多動症か
第一章 多動症以前
第二章 最初の多動症児
第三章 多動症論争
第四章 リタリン:魔法の弾丸か黒魔術か
第五章 代替の治療的接近法
第六章 世界の多動症
結論 上手に多動症を、か

アスペルガー症候群の天才たち

フィッツジェラルド, M.著、石坂好樹、花島綾子、太田多紀 訳

月光のプリズム

石坂好樹著

自閉症考現箚記

石坂好樹著

治療をみだす子どもたち

S.ギャベル他著 石坂好樹他訳


自閉症の心の世界

F.ハッペ著 石坂好樹、神尾陽子他訳

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

発達症/発達障害(自閉症・ADHD)

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.